スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

おてがるコース始めました!!!

2014/07/18 [Fri]15:35 編集
category: 料理
毎日 猛暑日が続くなか、皆さんお仕事、お疲れ様です!
どんな職業であろうとも、職責を全うする姿勢は、
素晴らしく敬虔さえも、抱かせます。
まさに「職業に貴賤なし」そのものです。

「自分さえよければ好いじゃないか」
「今さえ満足できたら、後はかまわん」
何だか、何処かの国の 原子力再稼働とは違うものの
むなしさを消せません

私の臨済宗の師匠は、こんな時に次の言葉を使っていました。
「刹那の享楽」

まだ未熟な当時は、その言葉の意味はまるで解りませんでしたが、
今は自分なりに理解できていると思います。

一滴の雨水でも、遠い歳月を費やせば
その岩を穿って やがて穴を開けるように、
目の前の仕事を地道にこなして行けば
きっと自分の能力となり、身になると思います

dc081936.jpg

努力と勉強は、大切な事ですね
暑さに負けずに、今年の夏を乗り越えましょう!

まくらが長くなりました。
さて、
この度、沢山のお客様から頂いた声を元に、
ご夕食の会席料理の品数を少し減らす事に致しました 。
そしてその結果、料金の見直しに至りました。

例えば、
お座敷は、5000円~
テーブル席は、3000円~  です。
奉仕料・お支払方法などの細かい内容は、
「味乃一」のウエブサイトからご覧ください。
また、お電話にてのお問い合わせもお待ちしております。
その際は、店長をご指名下さい。 丁寧にご返答させて頂きます。

鮎の塩焼き 煙  アマゴの天ぷら


鮎もハモも、南瓜も冬瓜も
美味しくなって参りました。
皆さまのご来店をお待ち申し上げております。



trackback --   Comment (0)

夏越しの払い

2014/06/30 [Mon]19:34 編集
category: 未分類

夏越の大祓(なごしのおおはらい)

 神社では6月末と12月末に、半年の間に 知らず知らずに犯した罪や、
心身の穢れを祓い清めて正常な姿に戻るための「大祓」が行われます。
これを6月は夏越しの祓、12月を年越しの祓と呼びます。

平安時代に制定された法律書には、この大祓の祝詞が載せられており、
古くから行われていたことがわかります。
人形(ひとがた)に自らの罪穢れをうつし、
神社で神事のあと川や海にそれらを 流し 罪穢れを祓います。
また穢れを祓う茅を輪にしてくぐったり、身につけたりもします。

茅輪(ちのわ)

大きな茅輪を くぐり越えて、罪穢れを除く 「輪越(わごし)祭」「茅輪くぐり」と言われています。
茅とは、ち、かや、ちがや、 で、菅(すが)、薄(すすき)などの多年生草木のことです。


ooharae01.jpg    ooharae02.jpg

ー茅輪の由来ー

むかし、ある村に蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟が住んでいました。
ある日、武塔天神(ぶとうてんじん)という神さまが旅の途中、村に立ち寄り、
裕福な弟の巨旦将来に一夜の宿を求めましたが断られてしまいました。
次に兄の蘇民将来に一夜の宿を求めたところ、
貧しいにも関わらずできる限りのもてなしをしました。

翌朝、宿をかりた武塔天神は、「われはスサノオの神なり」と名乗り、
「もし疫病が流行した時には、蘇民将来とその子孫は茅を以って輪を作り腰に付けておれば免れるであろう」と言い残し去っていきました。

そして疫病が流行したときに巨旦将来の家族は病に倒れましたが、
蘇民将来とその家族は茅の輪のおかげで助かったそうです。

この言い伝えから流行病や食中毒が多くなり、体調をくずしやすい夏に、
茅の輪をくぐって無病息災をいのる行事が古くから行われるようになりました。


当店ではこのセレモニーを真似て
水無月の最終の7日間だけ、茅の輪の突き出しをお出ししております
料理ですので、「茅や萱や薄」は止めて、染めた紙が使用して有ります

水無月

切子には
「ジュンサイの酢の物」、「雲丹のゼリー」、「鴨ロース煮」等です。
今回はクリスタルの綺麗な色をお見せしたかったので
器の中は空です!! (笑)

「水無月の夏越の祓する人は千歳の命 延といふなり」
どうぞ、健康にご留意くださいませ。
夏はまだ、これから始まるところですよ!!
trackback --   Comment (0)

第2回 おしえ店長さん !!

2014/05/22 [Thu]20:19 編集
category: 料理
  
◎初夏のゼリー寄せを、作ろう!  


yose.jpg

材料  
グレープフルーツ  前日に皮を剝き、上身にした物に砂糖を振って下味を付ける
 イチゴ        表面を布巾で拭く。 (水で洗うと水分を吸い、痛み易くなります)
 その他        メロン、オレンジ、マンゴーなどお好みの果物を加えて下さい
              ただし、キューイ・パイナップル・イチジク等はNGです。

流し缶      流し缶の内容量を測り、その三分の一のゼリー液を用意する
          今回の流し缶は、800ccのサイズです

ゼリー液    「300cc」   

          水  250cc+50ccのGFの汁、又は洋酒
          砂糖    80g、
          板ゼラチン 12g (1.5gを8枚) 

          ・ゼラチンの基本の割合は、150ccに6g(4枚)です
          ・個別の器では、3gに減らして計量します
          ・夏は10分、冬は20分以上、浸水してから使用する

1、 分量の水を測った手鍋に戻したゼラチンを加え、加熱してゼラチンを溶かす。
続いて砂糖を加えて弱火で溶かしよく混ぜ、火を止めて最後に洋酒を加える。
2. 流し缶にラップを丁寧に敷き、そこにグレープフルーツを並べる
3. 次にイチゴ、メロンなどを色よく置き、冷蔵庫で冷やす
4、 冒頭のゼリー液を氷水でさっと粗熱を取り、手早く②の流し缶に流す
   この時全量のゼリー液を加えないで、高さを控える。
5、 この状態で、氷水でしつかりと冷やし固める。
6、 その後、固まる様子を見て、残量のゼリー液を適宜に加える。

   ※ 粗熱を取ることによって、果物の劣化を防ぎます     
   ※ 高さを控える事によって、果物の浮き上がりを止めます
   
   ※ ケイタリングなどでは、ゼリー液が溶けて戻るので
     冷蔵保存以外はゼラチンを増やす事と、なるべく個別の器を利用した方が良いでしょう

trackback --   Comment (0)

八十八夜

2014/05/02 [Fri]15:04 編集
category: その他
長良川の右岸を南下して
安八の一夜城まで外回りのお使いをして来ました
昨日までの曇り空とは違い
新緑の瑞々しさが、車窓まで届いてきます

FMラジオから流れるナンバーは
「スタイルカウンシル」の【♪アコースティク】に続いて
「オフコース」の【♪生まれ来る子供たちのために】・・。
懐かしいメロディに、ちよっと嬉しくなりました

八十八夜の頃には、稚鮎が伊勢湾から上り
ちょうどこの辺りを通過するのが
昔からの習わしだとか、聞いております。
そして、だんだんと成魚になってゆき
鵜飼開きを迎える!!!


もう、初夏なんですね!
エアコンを入れたくなる位に
気温も上がり始めました
五月の風に鯉のぼりも、颯爽と泳いでいます。

巷では大型連休に入り
皆さん、いつもより のんびりとくつろいでいるようです

この平和は、本来 当たり前な事なんでしょうが
まさにこの平和が失われない事を、願って止みません。

そう、ちょうど 冒頭にご紹介した小田さんの詞のように

「ひろい空よ僕らは今どこにいる
 生まれくる子供たちのために何を語ろう
 
 君よ愛する人を守り給え
 大きく手を拡げて 子供たちを抱き給え・・・」 


どうぞ、皆様 よい休日をお過ごし下さい。
 菖蒲 彩色
trackback --   Comment (0)

「あしあと」に続くもの。

2014/03/01 [Sat]20:06 編集
category: その他
今日からの弥生の空は、どんよりとして、やや湿り気を帯びていました
巷では卒業シーズンを迎え、新しい門出を祝うご家族を目にします。

大学受験、高校受験、中学受験、小学受験、未就学の受験
競争社会とはいえ、勝つとか負けるとかは
そんなに問題なのでしょうか?

私は、大勢の中にある平凡な個でしかなく
ありふれた普通の時間を、ごく普通に過ごしたタイプでした
今思えば、だだのナマケ者にすぎませんね!!

競い合って伸びる人と
マイペースでゆっくりと自己を高める人と、
おしりを叩かれて、ねじを巻く人と、
いろいろな個性があります

どれも、その人の自分らしさ で良いと思います
それは無限の選択肢の中から、選べるのですから。

誰もが幸福で健康で、愛を分かち合えれば
この世からは争い事は無くなりますよね
いつかそんな平和が当たり前になれば良いと
願って止みません


昨秋
これからの自分を想像しました
その初老の味気ない現実の中で
老いた自分がどんな風に生きているのかしら?と


きっとまだ、この仕事はしているに違いないけれど、
人生の味わい深さを彩る何かは、持ちうるのだろうか?

今の趣味は「釣り」ですと、言えますが
10年後の自分のフットワークは、段々と老化して
そのフィールドは衰退と寂滅に近づく・・・

寒いから、暑いから、どうせ釣れないからと
意固地な老人になっているかもしれません
考えてみると、実は否定しづらい・・・
弱い心は、とても世間知らずな事ですね


そして作年の晩秋からを描き始めました
我流ですので、
自分の楽しみの範囲です
献立に添えたり、DMに利用したりして
それなりに、味のある絵を表現出来たらと思います

絵が描けるって、何か 嬉しいですね



無題 
「白菜」
img002.jpg  img003.jpg

デッサンの白菜  から  彩色の白菜





trackback --   Comment (0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。