スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

朝は敦賀で稚鮎釣り、午後は彦根で小鮎が爆釣!

2009/04/06 [Mon]15:56 編集
category: 釣り
鮎

昨日、予定が抜けて時間が空いたので、慌てて敦賀に行きました。
近日、稚鮎の遡上のニュースが届いていた事もあり、
出かけたくてどうしょうも無い位、ソワソワしていました。

こんなこともあろうかと、道具一式は、すでに準備万端!
餌も調合して、冷凍にしてあるから、
自分の都合と、時間の捻出だけの問題でした。

さて当日は長潮で、満潮が昼の12時過ぎ。
始めた頃は、潮が止まって食い気ももう一つでしたが、
9時半ごろから良い感じに食いが立ちはじめ、
二時間で約150匹の稚鮎ゲットでした。
スカリの魚をその場で、活きているうちに腹を出し、撤収しました。

さてさて、当日のもう一つの目的は琵琶湖です。
こちらは桜の開花も3分咲き位なので、まだ早いかも?
そんな不安もさることながら、とにかく急いで、向いました。
木の本インターから、長浜まで高速を使いました。
がらがらの高速の所要時間は15分、450円でした。

観光客で一杯の長浜を何とか通過して、天の川に到着。
湖岸に2人と、橋の上に3人の釣り人の釣果は、平均20匹弱。
とても、竿を出す気になれず、続いて、彦根港の外海のテトラです。
まばらな釣り人のバケツは、約15匹少々・・・。
港の親子連れは、3匹・・。

さらに南下して、最終目的の芹川に到着。
河口には一人も釣り客は見当たらず、堰堤にまばらに姿が有る位。

そこに混ぜてもらい、釣りを始めたのが、午後3時前。
全く釣れません、針を変え、螺旋を途中でつないだりしてもダメ。
浮きをつけて、流してもダメ。 魚影はあるのに、釣れません。
それでも、少し隣では、忘れた頃にポツポツと上がる。
4時になって、その場所が空いたからすぐさま移動して、
ダメもとで、必殺の仕掛けを投入したら・・・

午後4時過ぎから6時半まで、大爆釣!!!
えさ無しで、はずした仕掛けを入れたらもう引いている!
さすが、曇天の遡上初期には抜群の仕掛けです。
大小取り混ぜて、250匹で、久々の小鮎の束釣りでした。

鮎酢焚き
そんでもって、家ですぐに八方酢であっさりと煮ました。
やっぱり鮮度が良いと、上がりも、味も、抜群ですね!


trackback --   Comment (5)

この記事に対するコメント

稚鮎と小鮎
たくさん釣りましたね。
まだ少し早いかなと思ってましたが、そこそこの大きさがあるようですね。
去年のこのぐらいの時期では、鮎の形にもなってないようなのを釣ってたように記憶しています。
稚鮎と小鮎とでは大きさはどうですか?



ちなみに稚鮎と小鮎の違いですが・・・
稚鮎は川に棲む鮎の赤ちゃんです。
鮎は海で産卵、孵化します。それが、川に遡上して、上流に達する頃には立派な鮎に成長するものです。
そんな鮎が孵化して少し成長して、そろそろ川に上ろうかと準備している段階の鮎を稚鮎と呼びます。
川に上ってしまうと、禁猟ですので釣ったらおこられます。多分犯罪行為です。解禁になり、鑑札を手に入れてからにしましょう。
その川に上る前に釣ってしまおうというのが、海での稚鮎釣なのりです。

一方小鮎とは・・・
主に琵琶湖、及びそこに流れる川に生息する鮎を小鮎と呼びます。琵琶湖で産卵するため、一生を淡水に棲むためか、成長に必要な川が狭く、短いためなのか、大人になってもそんなに大きくならないのが特徴です。

外見上の違いは・・・
すいません、よくわかりません。大き目の小鮎は、鮎そのものです。
種は同じで、生態が違うだけだと思いますが・・・

小鮎は禁猟期間が産卵時期以降だけなので、釣れ始めるこれから普通の川の解禁までかなり賑わいます。鑑札も不要なため、手軽に釣れるというのも魅力ですね。



間違ってたら、訂正のコメント下さい。

2009/04/06-23:33*URL*同行のK #- 編集

ライブ決行
違うコメントですんません。
ライブの練習中!
流石イギリスのヴォーカリストは凄い!
僕の好きな、ヴァンヘイレンとUFOを中心にやります。
ライブの模様はりょうくんに渡します。

2009/04/06-23:40*URL*ジミー迫田 #HfMzn2gY 編集

魚の個体のスタイルの差
K氏、ナイスなコメントです。
私の認識する所と同調です。
今回は帯同ならずに、残念でしたね。
次回は、2倍釣ってください。

稚鮎は、どちらかと言うと中学生みたい・・・。
小鮎は湖からかなり遡上して来るので、ガッツな高校生・・・。

稚鮎は柔らかく、潮の香りがします。
小鮎は、一人前の鮎のスタイルで、
それこそ鮎の味がします。

でも、釣って3日もすると、
味も香りも相異なくて、小魚ですね。
個体が小さい物ほど、その特徴がなくなり、
「お魚のフライ」とか、「お魚の卵とじ」で、帰結します。
でも、冷凍や養殖物よりは数倍美味しいですよ。


2009/04/07-18:55*URL*りょう #- 編集

教えてください
はじめまして、唐突に失礼します。

たくさんの稚アユを釣られていますが、どんな仕掛けで釣られているのか、よろしかったら教えてもらえませんか?

2011/03/10-20:14*URL*北近畿五目フィッシャーマン #ajX3YUeg 編集

Re: 教えてください
ブログにコメントを下さりありがとうございます。

そして、返信が遅れてごめんなさい。
お訪ねの件ですが、「海産の稚鮎」でしたら、

こませの餌は要りません。

オーナーのハイパーパニックの2号が最適かと思います。

フラッシャーもラメではなく、普通の毛のタイプが良いようです。

3号負荷の錘で、普通の胴付きのスタイルです。 

又、「琵琶湖」なら

がまかつのF1 秋田狐に 分があると考えています。

こちらは、こませの餌との関係もとても重要ですし、

攻め方も河川によっては、まったく異なりますので

色々と工夫される事が大切になります。

瀬の流しなら、   「玉浮き大、仕掛け、螺旋に直結のスーパーボール」

深場の縦釣りなら、 1、「目印、仕掛け、こませかご」

          2、「目印、仕掛け3割、螺旋、仕掛け7割、錘」

桜の開花と共に、鮎が乱舞し始めるこの季節ですが

今年はまだ、先のような気がしてなりません。 

がんばって、沢山 ゲットしてください。



  
> はじめまして、唐突に失礼します。
>
> たくさんの稚アユを釣られていますが、どんな仕掛けで釣られているのか、よろしかったら教えてもらえませんか?

2011/03/26-20:26*URL*hottsake #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。