スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

日本一のレンコン!

2009/03/13 [Fri]20:49 編集
category: 未分類
蓮根
茨城県はレンコン生産日本一です。
その中で最も代表的なものが霞ヶ浦周辺、特に土浦産のレンコンです。
漂白剤を一切使用していないことで知られ、安心して食べられるのが自慢です。
低湿地地帯で野草が堆積して土壌が肥え、
その堆肥で水温が高いという自然条件が歯ざわりの良いれんこんを育てます。   

レンコンは茎の中に、穴があいていることから 「先が見える、見通しがきく」、
芽が上を向くので 「運が上向く」など 縁起物としてもギフト商品としても定番です。

キレイに洗ったレンコンより最近人気なのが「泥つき」レンコンです。
泥つきは鮮度が長持ちし、それが人気の秘訣のようです。

レンコンはビタミンCが豊富で、みかんの1.5倍、大根の3.7倍に相当する量が含まれています。
ビタミンCは熱に弱いのですが、でんぷん質が多いレンコンは加熱しても相当量のビタミンCが残ります。
疲労回復に効果があり、肌にはりを与え、ウィルスの核酸を破壊して風邪をひきにくくする作用があります。
また野菜としては珍しくビタミンB12が豊富で、貧血を予防し、肝臓の働きを助けます。ペクチンなどの食物繊維も多く、便秘解消や高血圧予防などの効果があります。
レンコンは健康や美肌を気にする女性に人気のある栄養価の高いヘルシー野菜です。

 芥子蓮根
そこで、今日は「芥子蓮根」を作りました。
つて言うか、この料理は秋から冬が旬なんだけど、まあ良いですか?

皮を丁寧にむいてボイルをした蓮根の穴に、茹でて裏ごして
練り芥子を混ぜ合わせた玉子を詰めます。
食べると、ツーンと鼻にくる位でも、オッケーです。
根気よく、片方の穴から押し込んで下さい。

「きな粉2とコースターチ1」で衣を作ります。
準備の出来た蓮根に小麦粉をまぶし、衣にくぐらせて油で揚げます。
このときのコツは、「蓮根をそのまま油に投入しない事」です。

金串2本を用意して、れんこんに突き刺します。
そして金串のまま油に投入します。
鍋の底に蓮根が接地しないように、わざと油に浮かせる事で
綺麗な仕上がりになりますよ!

後は、よく切れる包丁で切り口を汚さないようにカットして下さい。
塩を振りかけて、出来上がりです。


≪ 器  :  刷毛目中鉢  ≫




trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。