スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

スズキの酢の物

2009/03/07 [Sat]19:45 編集
category: 未分類
平目の昆布締め

今年の冬は、スズキがよく入荷してきます。  鮭の母さん
朝に〆て届くので、当店のまな板の上でも、まだ、生きています。
可愛そうですが、手厚く葬って、水洗いを開始します。

旬は夏の魚ですが、冬場の伊勢湾で獲れた物は
脂も程よく乗って、美味しいですね。
1.5k位の個体を購入した場合、
「 カマ下 」を大きく残して、塩焼きで提供しています。
最も美味しい部分の味付けは、シンプルな 塩レモンが最適ですね。

今回は、身の部分を均等の厚さに包丁でへぎ、
一晩塩を回します。
翌日に、少し薄めの二杯酢に20分浸し、その後甘酢に40分付け替えます。
別に 「牛皮昆布」を戻しておきます。
これも甘酢にて、味と固さを整えます。食べてみてやや、薄めにして下さい。
スシガリを針に切り、魚の芯に揃えます。
後は巻き簾に乗せて、きつく締め上げます。
冷蔵庫で、二時間ほどなじませて下さい。

今回は、あしらいに 「ほうれん草と赤ピーマン」を添えました。
お酒のおつまみにもなる、お料理ですね。
お好みで、土佐酢を添えて下さい。


≪ 器 :  染付け扇面向  写  ≫

trackback --   Comment (2)

この記事に対するコメント

改造車の人
>改造車にわれわれを監禁して
>木曽川の荒れたダートなコースに連れ出し
>散々、走り回って、伸びていた・・
>あの彼のことでしょうか?

その人です。
今、どこで何をしているの??

2009/03/07-21:35*URL*ジミー #HfMzn2gY 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/03/08-22:29** # 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。