スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

君は何処にいる・・。

2009/02/11 [Wed]11:58 編集
category: 未分類
わかさぎ2

どんなに想いの程をめぐらせて、君に 会いたかったか。

長い 長い 時間をかけて、 そこにたどり着くまで、

僕は、季節を一回りしてきた。

そして、今年の冬に、君を・・

まだ見ぬ君を、探し 求め続けているんだ。

これは「愛」 なのかも知れない。


白うさぎちゃん
trackback --   Comment (6)

この記事に対するコメント

きっと愛
この詩の通訳です。
ワカサギ釣り、先シーズンはいいサイズがたくさん釣れて今シーズンも楽しませてくれるだろう。
ワカサギはこの時期にしか釣れないんだよな。今シーズンも楽しみだ。
さて、わかさぎ釣りの季節が到来しました。
よし、今シーズンも釣りまくるぞ!
でも、おかしい今シーズンはどこに行っても釣れない。何時間やっても釣果が伸びない。サイズも小さい。
こうなったら、意地でも釣ってやる。
そしてアナウンス「もう、門をしめるから帰ってくれ」いやだギリギリまで釣ってやる。そして誰もいなくなった。管理人のおじさんがとうまきににらむ。仕方ない、今度またリベンジするぞ。

と、まあこんな感じでしょう。


  Rと同行のKの余呉湖
朝早くと言うよりも夜中から出発し、夜明け前に余呉湖に到着。風が強いので体感的にはかなり寒い。結構人が来てるのであわてて準備し、場所の確保。一番奥の桟橋の角に陣をしき、戦闘開始です。
まずは強敵の小さい針に小さい餌(赤虫)をつけるとこからですが・・老眼でこれが辛い・・隣のおじいちゃんも完全に明るくなるまで無理と餌なしで、でも3本竿をだしてました。
まずは一投目すぐに小さな当り、というより違和感、静かに上げると小さいのが釣れてました。今日はなんだかいけそうなきがする~と心の中で吟じて、2本目の竿を出して餌との格闘をしている頃R君は余裕で2本竿をだしてさびいてます。さすが師匠!短竿と述べ竿等の長めの竿で広範囲を探ろうというのが僕らの狙いです。
そのころには満席状態で僕の延べ竿は隣のにいちゃんの短竿の前って感じでした。その延べ竿にぽつりぽつりと釣れていたのだが、そのにいちゃんが「またとられた」とぼそり。なんやとこら!あとから割り込んできたくせに!それにあんた、誘いもせず置き竿で釣れる訳ないやろ!と心の中で文句を言いつつ、そんなに釣れてないんですけど・・そんな時3本出しのおじいちゃんの竿先がピクピク、おじいちゃ~ん!・・トイレでした。初当りのようでした。そして隣のにいちゃんも「おっ当たった」・・・おい!当たったんだったら竿上げろよ!・・「あれ?違った」それじゃあ釣れんだろ!仕舞いには「ここは釣れん、場所換わる」その連れ「どこ行っても一緒だぞ」同意見です。
そうこうしてると当りも止まりって釣れてたわけじゃないけど、一匹も釣れない時間が過ぎ、昼になったのでR君と昼飯を食いに休憩所へ。お湯が用意してあるので、カップ麺を持ってくといいよ。暖かいのと満腹でさらに畳が敷いてあるので、いつのまにか爆睡でした。R君起こしてくれよ。
釣り場に戻り「R君釣れてる?」「君が寝てる間一匹もつれてない」・・昼前から3~4時間坊主の状態ですか?まあいいもう少し頑張ろう。しかし、この風ひどくない?ゴミや餌が乱舞、仕舞いにはR君のイスが飛ばされて水の中に沈没、竿も危ないとこでした。強風で当りがわからない上、沈没したR君のイスに根がかり、仕掛けを3個ほどロストしたところで「R君、釣れないし、もう帰ろうか」「もうちょっとやろうよ」・・それから2時間、半分ウツラウツラ、3本だしのおじいちゃんも竿を半分水没させやる気なし状態が・・やっと当りが戻った時は閉門30分前、何匹か釣ったところで、門を閉めるから帰ってくれのアナウンス。帰り支度が終わりR君を見るとまだ仕舞ってる途中で竿はまだ入っていました。「早く帰らないとおこられるよ」その時でした。その竿先がピクピク、上げてみると2匹、また投入すぐ当りが、さらに投入また当りが、今日一の爆釣の瞬間でした。しかし、限界なのでここで終了しました。しかし長いいちにちでした。

2009/02/11-07:10*URL*同行のK #- 編集

一匹 65円の高級魚
現場では、隣の人に気をつけよう。
餌もつけないで、しかも、置き竿で、
大きな針を使って、酒ばっかり飲んでる・・・
そう、あなた。 赤鼻のおじいちゃーん!
開門からつり始めて、80分後に初当り!
「釣れてますよ!」 つて声かけたら
おしっこに行ったきり、20分経過して、居なかった・・・
戻って来て、ちゃんと始めるかと思いきや、
隣でごちゃごちゃ話しかけてきては、
「釣れん」とボヤいてばっかし。v-359

ヒゲ面の後ろにオヤジは、大きな声でしゃべりまくり、
オマケにおならの連発!
寒くて、臭くて、うるさくて、
気絶寸前でした。v-42

同行のK氏は、さすがに太っ腹ですね。びわだけの事は有ります。
悠々とタバコをふかして、コーヒーを飲んでました。
それって、釣れてなーい!
v-12


でも、もう一度 行きましょう!
作戦立てたしね![絵文字:v-426
]

2009/02/11-12:23*URL*りょう #- 編集

きっともう少し高級魚
風で飛んで轟沈した、イス2号の分やガソリン代、仕掛けの分を加えてないでしょう。2号というのは、やはり1号があって、別の海域で同じように撃沈されました。また彼には、何本か竿の入ったロッドケースが爆沈した経歴があります。きっと風の神さんに怨まれているのでしょう。
しかし、釣りには周りの人との交流、または観察というのもひとつの楽しみで、今回のヒット賞はおじいちゃんもさることながら、隣のにいちゃんの釣れないから場所移動するって言葉に対して、そのツレのコメント『どこ行っても同じだぞ』です。そのツレは違う意味で言ったのでしょうが、僕には、そんな釣り方ではどこに行っても同じように釣れないよって聞こえ、また、この言葉は僕がR君に何度か言ったことがあるので、思わず横向いて苦笑してしまいました。R君もコロコロ釣り座を変えるのですが、釣果としてどうなんだろうね。
さて次回はワカサギ釣り、ではなく・・・お楽しみに・・・

2009/02/12-01:15*URL*同行のK #- 編集

釣りの話
初めてこのブログ拝見させていただきました。私も釣り好きで、釣ってきた魚を自分で適当にさばいて料理したりしています。妻が魚をさわることができないものですから、私の担当なんです。食べることは好きなようですが。

釣りの話があまり出てこないと思ったら、こうしてコメントの場で盛り上がっているんですね。察するにここの管理人が、りょうさんでR君さんですよね、そして、釣り仲間の同行のKさんとの楽しい釣りが目に浮かぶような釣行記、おもしろかったです。
釣れなかったと言ってましたが、画像を見る限りでは沢山いるように思います。釣れない時でその位なんですね。余呉湖はどこにありますか?今度行きたいと思います。

釣りのアドバイスや釣った魚のさばき方、男でもできる簡単でおいしい料理を紹介してくれるとありがたいです。

2009/02/15-16:39*URL*SIN #- 編集

こんばんわ
ようこそSINさんりょうです。
盛り上がりに欠ける当ブログへのコメントをありがとうございます。

釣りが好きで、料理をされるとは
とても、素敵ですね。

魚は釣るけど、捌くのはちょっと・・・って方は、沢山知っていますので
SINさんの様ですと、魚も本望ではないでしょうか。

ちなみに、余呉湖は滋賀県の北部、
琵琶湖の北にあります。
とてもキレイな湖で、3月までワカサギを釣る事が出来ますよ。

お出かけになる時は、お知らせ下さい。
最近の仕掛けや、釣り座の良し悪しをアドバイスさせていただきますよ。
昨年はこの時期から爆釣!でしたが、
今年はまったく渋いです。

入場料かえせ-。って、言いたいくらいです。

2009/02/15-23:22*URL*りょう #- 編集

SINさん ごめんなさい
SINさんが期待しすぎてもダメですので、はっきりいいます。あの画像はイメージです。あれの半分も釣れません。というのもまだ誇大表現です。ちなみに去年釣れた余呉湖のものですので、うそではないとしてください。 

R君は釣り座の良し悪しがあるといってましたが回遊魚であるワカサギは日によって釣れる場所が違う、1メートル違うだけで釣果は変わってきます。

でもここではやってはいけない場所はありますが・・・イス2号が眠っている場所です。たいてい根掛かりします。

SINさんの自宅から遠いのであれば今年は待って下さい。去年だったら、多少遠くでも、木之本インターから近いのでおすすめしたのですが・・・

釣れてきたよって情報が入り次第お知らせします。

2009/02/16-02:52*URL*同行のK #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。