スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

第2回 おしえ店長さん !!

2014/05/22 [Thu]20:19 編集
category: 料理
  
◎初夏のゼリー寄せを、作ろう!  


yose.jpg

材料  
グレープフルーツ  前日に皮を剝き、上身にした物に砂糖を振って下味を付ける
 イチゴ        表面を布巾で拭く。 (水で洗うと水分を吸い、痛み易くなります)
 その他        メロン、オレンジ、マンゴーなどお好みの果物を加えて下さい
              ただし、キューイ・パイナップル・イチジク等はNGです。

流し缶      流し缶の内容量を測り、その三分の一のゼリー液を用意する
          今回の流し缶は、800ccのサイズです

ゼリー液    「300cc」   

          水  250cc+50ccのGFの汁、又は洋酒
          砂糖    80g、
          板ゼラチン 12g (1.5gを8枚) 

          ・ゼラチンの基本の割合は、150ccに6g(4枚)です
          ・個別の器では、3gに減らして計量します
          ・夏は10分、冬は20分以上、浸水してから使用する

1、 分量の水を測った手鍋に戻したゼラチンを加え、加熱してゼラチンを溶かす。
続いて砂糖を加えて弱火で溶かしよく混ぜ、火を止めて最後に洋酒を加える。
2. 流し缶にラップを丁寧に敷き、そこにグレープフルーツを並べる
3. 次にイチゴ、メロンなどを色よく置き、冷蔵庫で冷やす
4、 冒頭のゼリー液を氷水でさっと粗熱を取り、手早く②の流し缶に流す
   この時全量のゼリー液を加えないで、高さを控える。
5、 この状態で、氷水でしつかりと冷やし固める。
6、 その後、固まる様子を見て、残量のゼリー液を適宜に加える。

   ※ 粗熱を取ることによって、果物の劣化を防ぎます     
   ※ 高さを控える事によって、果物の浮き上がりを止めます
   
   ※ ケイタリングなどでは、ゼリー液が溶けて戻るので
     冷蔵保存以外はゼラチンを増やす事と、なるべく個別の器を利用した方が良いでしょう

trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。