スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

鮎料理

2013/06/17 [Mon]19:07 編集
category: 料理
数日前に、「鮎料理」のご予約を頂きました

岐阜県でも各地の鮎漁が解禁になり
美しい鮎が毎日入荷しております。

数日降雨が無く、成長を危惧する事にもならず
とても上質の物が届きました

当初は「和良産」の天然を希望しておりましたが
やや型が小さかったので、
「郡上産」を購入しました
人で言う所の、なかなかのイケメンぞろいです


鮎に串を打つ


大きさは一尾約80g。
もちろん「釣りの鮎」ですので、ワタが入っています
そしてこの鮎のところどころに3本イカリ針の傷後があります
「とも釣り」の勲章みたいなものですね

料理方法は沢山有りますが
「シンプルで」とのご注文でしたので
比較的、ポピュラーな展開になりました


鮎の洗い 鮎の塩焼き 煙

左側は「鮎の洗い」です。 美味しい酢味噌で頂きます
右側は 「塩焼き」です。  煙で演出しております

突出しの八寸に、 「鮎の背越し」「姿寿司」をご用意しましたが
あわてて写真を撮り忘れてしまいました。



鮎のムニエル 鮎の赤煮

続いて
左側は、 「鮎のムニエル」です。 アボガドソースを添えてあります
右側は、 「赤煮」です。 この若鮎はやや小さく、1尾30gの柔らかい物を使いました

この後にもう一度、焼き物の鮎として「鮎田楽・・味噌焼き」をお出ししました
この時も慌てていて、画像を残せませんでした。


アマゴの天ぷら
さて最後は、揚げ物です。
いつもの小鮎に見えますが
今回は「アマゴの天ぷら」と「ジャガイモの蓑揚げ」をご用意しました
天然のアマゴの小さい物ですが、
「とても美味しい!!」と好評のお品です。

お食事は、あっさりと 「鮎雑炊」 にしました。
自家製カリカリ小梅とキャラ蕗の佃煮を添えて。

そしてキャラメルアイスをお出しして2時間が経過しました
お帰りの際に、お褒めの言葉を頂戴し、ホッといたしました。

まだまだ勉強不足ですが
喜んで頂いて、とても嬉しく感じております
ありがとうございました
trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。