スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

子鮎を釣りに行きました。

2010/06/04 [Fri]19:51 編集
category: 釣り
5月31日 (月)

父を子鮎釣りに誘いました。 
琵琶湖の「子鮎が良い感じ!」 との複数の情報で
今回は湖北エリアに2人で出かけました。
いつもなら比較的近くの、彦根の芹川に行んですが
少々膝の悪い父を、
あまり足場の悪い所に連れてゆくのも気の毒に思い、
駐車場から近く、階段がしっかりしていて
椅子に腰掛けて、気楽にできる場所にしました。
天気もよく、期待に胸がふくらみます!!!

7時20分、現場に到着したんですが
第一目的地は満員で、入れません。

次の川に向いますが
第二予定地も混み合っています。
さすが、人気の子鮎釣りですね!
そこで川を下り、何とか場所が決まりました。

この時点で8時でした。
先客が一人、コンスタントに上げています。
隣に2人お邪魔させていただく事も快諾ですので、
いよいよ、子鮎のスタートです。

いつもはラセンにスーパーボールですが、
この日は水量が多く、カゴの流しにしました。

生鮎 寸法採り

数日前の降雨と連日の日照りの影響で、調子よく上がります。
3人並んで釣って、どの竿も入れ喰い状態です!
二時間で一人、150位釣れました。
その間、手元のバケツから
水中のオトリ缶に移す方が忙しかった感じです。

2人分の魚が缶に入りきらなくなり、
そこで私は、鮎の腹を出す事にしました。
300匹の処理は、かなり時間を要しましたが、
帰宅後に捌くより、釣りたてを〆る方が鮮度保持になります。
せっせとワタを出し、100匹ずつ袋に分けてクーラーに仕舞いました。

その間 父の竿は魚を釣り続けていますので、
缶の中は子鮎が減る事が有りません・・・。

対岸の釣り人は、微妙な水量の影響であまり釣れない様子です。
おまけに私が、しゃがんで鮎のワタを出しているので
不思議そうに思われたようです。

さて、私も再度 開始です。
あまりよく釣れるので、カゴを外しナスおもり3号にしました。
適当に止まり、適当に流れ、針の大きさや色も見事に当りました。
(金と赤の秋田狐に白パールと言う ちょっとマニアックな物)

午後2時を過ぎて、いよいよ納竿にしました。
一年に何回も無いほどの大漁でしたので、
昼ごはんを食べる時間も、ままなりませんでした。

帰宅後、大、中、小に選別して、それぞれに加工しました。
釣れた子鮎の数は、2人で800匹強でしたので
これは、余呉湖のワカサギの爆釣を越えた様に思います。
今回は、「 鮎 」なので、以下の様に調理をしました。

○ 背越し  ○ 酢焚き   ○ 赤煮   ○ 干物
○ 塩焼き  ○ 南蛮漬け  ○ 姿寿司  ○ 手毬寿司
○ 熟れずし ○ 土佐煮   ※ 冷凍

調理の写真は、機会を見つけて又ご紹介いたします。

次週は、「 キスの投げ釣り 」の予定です。
trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。