スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

 お弁当

2010/05/19 [Wed]14:37 編集
category: 料理
ファイルを整理していたら、美味しそうな画像が出てきました。
かれこれ8年~10年ぐらい前の写真でしょうか?
とても懐かしくなって、載せてみました。
飾ってある白梅と焼物から、おそらく新春のお弁当だと思います。
って言うか、自分で作っておいて
月日が流れたら、記憶もうすれてしまうんですね。

clip_image002.jpg

この折箱は、袴腰(ハカマゴシ)と呼ばれています。

そもそもこの袴腰の名前は、茶道具の香炉の形から由来しています。
青磁袴腰香炉(純銀火屋付seiji1[1] 参考画像


  きゅっとしぼった腰と
  腰から脚にかけてぴしっと折り目が入ったようなその姿を
  袴を着けた人に見たてて「袴腰」と呼ばれます。

     青磁は鉄分を含んだ釉薬をたっぷりとかけ、
     還元焔(かんげんえん)といって
     不完全燃焼の焔(ほのお)でいぶすように焼き上げるそうです。

     この、青とも緑とも呼べる微妙な色合いに
     焼き上げるのは大変神経をつかう仕事だとか・・・。



さて話をお弁当に戻します。
この形、風呂敷きでは包みにくいので、季節の掛紙で封緘をします。

飛騨牛の網焼きが2切れと、鱒の木の芽焼き
アナゴの海苔巻き、サーモンの手毬寿司
キスのアラレ揚げ、粟腐の蒲焼き、車えびの艶煮など
その当時は2000円位でお渡ししていた様に思いだされます。
又、料理人としては、まだまだ未熟な仕事だと
今更ながら、反省しきりです。

安いのか、高いのか?
今の世の中なら、2100円のランチって
結構なお値段の扱いなんですね・・・。
工夫して、アイデアを練って
この時代に取り残されないように頑張らねばなりません。


日16日(日)の「釣り」は、お休みしました。
次週 23日は、計画しています。
又後日の釣果をご覧いただければ、とても嬉しく存じます。
それでは、どうぞ、よろしくお願い致します。
trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。