スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

敦賀半島、 今年初の投げ釣りは?

2010/05/11 [Tue]20:14 編集
category: 釣り
5月9日(日) 若潮
今年初めての渚での投げ釣りに出かけました。
同行してくれたのは、久々のKさんです。
6時半から開始して、20cmクラスもボチボチ上がります。
釣果は2人で50匹弱でしょうか?
シモリが点在して、とても釣りにくく
投点が釣果向上のポイントになりました。
10時前に撤収して、移動しました。
残念ながら、キスの写真を撮り忘れました。
その後、午後から堤防でママカリを釣り、
最後に湖北で子鮎をやって納竿となりました。
子鮎は、明日のブログに記載いたしますので
詳しくはそちらをご覧下さい。

私のブログのタイトルがそのままの「渚」です。

色が浜2
ここは海水の透明感と、砂の粒子がとても美しい所です。
浜辺から5メートルも海に入っていくと、もう背の高さより深い・・。
そうして沖合いに向って、段々と水底が傾いています。
盛夏の頃には、釣りを楽しみながら、泳ぐ事も出来る渚です色が浜3


「恋するハートカクテル」
寄せては返すさざ波のその先から、君が裸足で歩いてくる
サマードレスの裾先を少し持ち上げながら、
まだ冷たい塩水に濡れた足首が、キラキラと輝いて見える

「五月病にかかったみたいなの・・・。
 あの渚に連れて行って、欲しいンだけど、
 今度のお休みは、ダメかなぁ・・・?」

連休明けの週末に届いたメールは、少しばかり凹んでいたようだった。
天気予報と紫外線に注意を払いながら、私は準備にかかった。

誰も居ない浜辺に照りつける日差しは、思いのほか気持ち良かった。
乾いた潮風に吹かれながら、
AM11:00に開けた缶ビールは、何だかほろ苦かったけれど
2本目を開ける頃、ようやく輝き始めた君の笑顔が、
とても、眩しかった・・・。

元気になって良かったネと、アジサシが歌っている。
そしてハンドルを握る君は、カーステから流れるミーシャのバラードを口ずさんだ・・・。



trackback --   Comment (2)

この記事に対するコメント


[色:000099]さて今回は・・・
久しぶりの投げ釣りです。
先シーズンはリョウ君がボートにはまって、投げ釣りでキスを釣る機会がほとんどなかったので、夏に海水浴&バーベキューついでにやった以来です。
基本的にボートや船でキスを釣るということが、邪道だと考えている僕にとって、有意義な釣りであることに間違いありません。
沖に出て数釣りしたり、少し大きいのを釣ってもあまり感動はありませんが、海岸から豪快に投げて狙ったポイントで大物がかかった時の興奮は忘れられませんよ。

さて今回の釣り場は、手の浦海水浴場の近くのポイントです。大物ゲットの好ポイントです。
駐車場がありませんので、停めれるとこを探しますが、何年か前は普通に停めれたとこが柵がしてあり、しかも電溶までしてあり動かせないようにしてあります。
公道ですのでここまでするのはどうかとおもいますが・・・
まぁこんなへたくそな電溶こじれば剥がれるなぁとアクドイことを考えていたら、隣で「ロープ使って車でひっぱれば動くよな」・・・考えるのは似たようなことです。
結局は駐禁でもないので・・・(爆)

さて浜辺に下りると、シモリが点在していて投げる場所があまりありません。ためしに投げてみるとやはり根掛かりでハリスが1本ロスト
です。隣は天秤ごとロストしたようです。
ここではやはり3枚パックの大安売りの仕掛けでしかもったいない模様です。
しかし、大物は存在するらしく450の投げ竿がグゥンとくる当たりがありましたが残念ながら、大ギス?ごと根掛かりでした。

それでもシモリの隙間を狙ってなげてサビいてくると、そこそこのサイズのキスが釣れます。1本は遠投で置き竿で、大物狙い。もう1本で引き釣りをしていましたが、ポイントはすぐ先のようです。
端から見ると長い投げ竿で、在らぬ方向に近投しているかのようでかっこ悪いなぁと思いつつ、そこそこの釣果です。なんせそのポイントは、かなり斜めに20Mほどのとこなのでまるで失投しているかのようです。かといってこの場所からじゃないと根掛りするのです。
置き竿の方にはまったくというほど当たりはありませんでしたが・・・ただ遠投したかっただけだったり 

あまりに根掛かりが多いので場所移動しましたが・・・根掛かりしないだけでした

そこで昼メシです。恒例のカセットコンロでお湯を沸かしてカップ麺とコンビニおにぎりで節約です。およそ300円で満腹ですね。
りょう君はおにぎりも作って持ってきてますので更に節約です。

次はままかりです。ここではりょう君とこの食材ゲットのため、がんばって数釣りをしていますが、僕は少し飽きがきていますが・・・
そこで、あとから自転車に釣具一式大荷物を積んで現れた地元の中学生の観察です。
僕たちが結構釣り上げているのを見ていそいそと道具を用意し始めましたが、その竿とリールに目を奪われてしまいました・・・
・・・恐ろしく骨董品!
そうただ古いだけではなく骨董物なのです。たぶんおじいさんがその昔大事に使っていたのを譲り受けた物なのでしょう、竿はきれいでした。ガイドは鉄の輪が付いているだけのシンプル?な造りですが、錆びも出ていなく大事に使っているのがよくわかります。
さすがにリールは器械物なので不具合がありそうで、スピニングリールですが空回りしているようでした。
そして仕掛け・・・えっ?サビキかごを付けてと・・・アジを釣ろうとしているようでした。しかも6号針ぐらいの大きめのサビキ仕掛けです。
僕たちの釣れているのを横目で見て釣れるわけがない釣り糸を垂らすその子にやさしいりょう君は自分の仕掛けを見せてあげるのでした。
針の小ささにビックリして、さらに釣っているのがアジじゃないのがわかったのかその場から立ち去っていきました。

ある程度数つりもし、堪能したので次です。もう僕はその時点でダウンして、目が覚めた時は大川でした。この時間になると釣り人も少なく快適ですがそんなに釣れません。定番の仕掛けじゃなかったり、餌の配分ミスでばらけが早すぎたのが原因だったのではと推測しますが・・・しかし久しぶりの大川を堪能しました。釣った子鮎は結構大きかったし、楽しめました。













2010/05/16-03:28*URL*同行のK #- 編集

強欲な釣りプラン
この頃は、早朝から海に入って 何か釣って
昼過ぎにママカリやって、
さらに、帰りがけの駄賃に 子鮎!ってのが、
ポピュラーなコースになりつつありますね。

でもよく考えると、それだけのタックルも
もって行く事になるから
もっと、ターゲットを絞り込んだ方が良いのでしょうネ。
多分無理だけど・・・。
次回は、大サバに行きたいですね!

2010/05/17-13:27*URL* #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。