スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

琵琶湖での子鮎釣り (合法)

2010/05/03 [Mon]20:00 編集
category: 釣り
ゴールデンウィークの真っ最中となりましたね
皆さん、それぞれに忙しくされている事と思います。
連休中の好天気は25年ぶりとの事です。
行楽地や帰省先でも、商売に花が咲いて
それぞれの街に活気が戻れば何より嬉しいですよね!!!
このまま、晴天である事を祈ってやみません。

5月2日(日)
私は日曜定休のお休みですので、
父を琵琶湖に誘い、二人で子鮎を釣りに行きました。


さて先日、何でも
「福井県での鮎漁は違法だから、止めろ!」との
匿名の方からのクレームがありました。
私のつまらないブログに対しての、お叱りです。

昨春来 敦賀の、笙の川には
「河川での稚鮎釣りは禁止です」と、掲示されていた為
私もルールを守って、気をつけていたつもりです。
昨年、漁協に確認したら、「ご遠慮下さい」 との丁寧な対応でした。
それ以来、稚鮎は、もっぱら海で楽しんでいた矢先でしたので
ここにきて残念な、天の声を かけられてしまったと言うのが本心です。

そこで先日、早速、行政に問い合わせを入れましたが、お休みでした。
上記の是非が判明したら、又、このブログ上で、取り上げたいと思いますが、
もう、稚鮎のシーズンは終わりますので、
来年のお話になることと思います。
ですが、その匿名の方は、何を導きたいのでしょうか?
海での稚鮎釣りに警鐘を響かせる事でしょうか?
年々悪化する釣り人への、ルール違反への抗議でしょうか?
海は、人間だけの物では有りません。
生命が共存していく上での提議であるならば、
私も心から 改める次第です。



そこで話は冒頭に戻り、琵琶湖での子鮎釣りです。
こちらは合法ですので、マナーを守って、
胸を張って堂々と、釣りを楽しむ事が出来ます。

いつもながら、どの川もよく混んでいて
早朝から太公望で溢れています。
仕掛けや餌も、専用に市販されていますので、
それを使えば、人並みに楽しめる様になっていますが
皆さん、それぞれに独特の工夫が施されています。
やはり他人より沢山釣り上げている人は、
それなりの理由がありますね。

あまり釣れない人にも、理由があります。
その辺を追求して、考えるのも釣りの楽しみだと思っています。

昔、琵琶湖に初めて連れてきてもらった時、
その人の4分の一にも満たない釣果が悔しかった。
同じ場所で、同じ餌でやっているのに・・・。

それは未熟な自分と対峙した瞬間でした。
その後、何度も一人で琵琶湖に通いました。
段々、道具も増え、道路や近道を覚え
「子鮎が恋人?」って言うくらい、熱中した思い出があります。
子鮎釣りでも、お金もかかりますから
振り返ると、この趣味は根気がいりますよね。 

ですから、前項の青字の件についても
私が知らなかった事への指摘を改善して
次回に活かすとすれば、
別の角度から、又、楽しめると受け止めています。


話が大きく外れてしまいました。

稚鮎大11
とりあえず、今年初めて 父を釣りに誘い
楽しんでもらいました。
そこそこ大きな子鮎は、塩焼きにして食べる事が出来ました。
初夏の風物詩ですね。
釣果は、2人で100匹強ほどでしたが
自分で釣り上げた初物を食べる父は、とても嬉しそうでした。
又来年も、 その又翌年も
食べさせてあげられたなら、少しは親孝行できたのかもしれませんね。


trackback --   Comment (2)

この記事に対するコメント

海で稚鮎釣り禁止?
川では禁猟時期というものがあるのは、釣り人なら熟知して守ってますが、海でも禁止というのは聞いたことがなかったですね。
某福井県内の釣具屋の釣り情報でも、敦賀新港で稚鮎が廻ってきていますというようようなことを聞きますが、その話が本当ならば是非禁止だということをお伝え願いたいものですが・・・

確かに、川では禁止ですが、その川に上ってくる前の海の稚鮎はOKという話は矛盾してますね・・・

某漁港の突堤で、反対側が河口というとこがありまして、河口側で釣っている人だけ注意された話も聞いたことがありましたが・・・
きっと、川での稚鮎釣りは強く禁止、海でのは、自粛、あるいは自粛してくれないかな~位のお願い、なんでしょね。


さて、今年の稚鮎、子鮎は数えるほどしか釣っていませんが、シーズンオフを迎えそうです。
そろそろあたたかくなって、釣れる魚も増えてきます。またいっしょに行きましょうね。

2010/05/05-00:08*URL*同行のK #- 編集


応援メッセ ありがとうございます。
楽しいはずの海釣りが、色あせないように
お互い頑張りましょう。
まだまだ、子鮎はシーズンですよ!

2010/05/05-12:05*URL* #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。