スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

一寸豆

2010/02/25 [Thu]20:33 編集
category: 料理
1寸豆
確定申告も何とかまとめ上げ、無事に?提出できました。
過去を振り返りますと、今までは計理士の方に丸投げしていて
私が手を出すエリアでは無いと自負していましたが
昨年の三月に担当者が退職し、
どうでも せざるを得ない現状と相成り、始めた次第です。

幸か不幸か、複式簿記の基礎は高校教育で学んでいたはず? でした。
忘れていた記憶を呼び覚まし、色々な書籍などで再学習を始めました。

以前、授業で習った内容はああだった! こうだった! と、
思い出しながら、まずは仕訳伝票からスタートし、
少しずつ出来た総勘定元帳は、誤記入と記載漏れのオンパレードで
修正と訂正の嵐となり、真っ黒! むちゃくちゃ汚い元帳になっちゃいました。

そこで思い切って、ブルーリターンを購入しました。
この会計ソフトは、納税務関係にはとても有効です。
使い方の疑問点などを青色申告会の職員が、実に丁寧に解説して下さいます。
私も馴れるまでは、どんどん質問をしていました

実際の確定申告の書類の製作も実にすばやく片付き、
大変 助かりました。
もっと早く導入して、税金に関する知識を学べば良かったです。
ちなみに今日は、
ブルーリターンのよさを報告したかった訳ではありません。

「 一寸豆の含ませ 」を作ったので
見て頂こうと書き始めていたら、話が茶の木畑に入ってしまいました。

鹿児島産の大きな鞘つき豆を、鬼皮・薄皮ともに丁寧にめくり
カツオだしと、塩と砂糖とお酒を使いました。
味付の出汁を手鍋で沸かし、お豆を一気に投入します。
分量にもよりますが、大体2分30秒から3分位加熱します。

タイマーが優しくあなたに呼びかけてくれたら、
鍋ごと一気に、氷水につっこんで冷まします。
ウチワも使って、素早く冷まします。
そうする事で、お豆が綺麗な緑色のまま味を含んでいきます。
(煮た出汁汁と豆を一緒に冷やすんです)

この豆は味付きでも意外と劣化が早いので、
調理後は3日間を賞味期限としています。

季節的には、まだ時期ではありませんが、
ひな祭りのお料理に、いつも 使っています。

trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。