スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

手打ちそば 講習会

2009/10/22 [Thu]18:27 編集
category: 料理
そば
作日 割烹調理師会の「そば打ち 講習会」に参加してきました。
会場は長良川畔にある「鵜匠の里 すぎ山 旅館」です。
今回の講師は、
「日本そば文化研究所 半布里道場」 の 波多野師範です。
講師の実演を、すぐ真横で見ました。
講習生15人は全員料理人ですが、
ほとんどの者がそばを打つのは初体験との事です。
もちろん私も、やるのも初めて、見るのも初めてでした。

さて、そば7割つなぎ3割、全量800gのそば粉が丁寧に加工されていきます。
まず始めに、
①粉に水が廻され、湿り気を帯びてきました。
 皆が手を伸ばして触らせてもらい、「そのパサパサ感を覚えろ」との事です。
②続いて こね  です。
  通称  ・・きくねり、くくり、へそだし、そば玉 の手順です。
        これらも師範の見本に触れて、感触を覚えます?
③続いて のし です。
 丸めたそば粉の塊を、段階順に伸ばしていきます。
 この時、状況によって麺棒2本を、別に使いました。
 そして、円く伸ばしたそば生地が段々と四角くなる理由も、理解できました。

 師範の生地を触らせてもらいました。
 薄い生地は、上質の織物の様で、
 空気を送るとフワリと浮き上がりながら、波を打ちます。
 綺麗に折りたたまれ、重なりました。 素晴らしいです!!!。

そば包丁と駒板と言う専門の押さえ板を使い、切り出しです。
師範のリズミカルに動くその手元は、まるで、機械の様に正確でした。
手元を見ないで、横を向いたり、目隠しをしても
同じリズムで、同じ細さで鮮やかに切れています。感動物でした。

手打ちそば 先生

そして、いよいよ 我々もそば打ちに挑戦です!
たった今、目前で見たことをそれぞれ 開始しますが、
それが、まったく出来ません・・・・。
目で見て、触って、納得したはずが、ダメでした。

開始前に師範が言われた言葉、 
「まあ、今日は雰囲気だけ覚えてください。
 最初からまともには、できませんからね!」 
・・・納得です。

それでも、何とか 伸ばし 、たたみ 、までたどり着きました。
そして最後に、仕上げの包丁です。

どうやら皆さんも、切ることに関しては自信たっぷりですが、
これが、まったく 出来ません。
どうにもこうにも、生地が上手く切れません。

手打ちそば 生徒
師範の切った物と、私の切った物では天と地ほどの差が見て取れます。
にわかには出来ない、現実の難しさを思い知りました。
何とか無事に講習を終え、自分のそばを頂いて帰りました。
食べる楽しみは、このあとです!

そしてその日の夕食に、慎重に湯でて食べましたら、
とても美味しく感じ、満足のいく出来だと思いました。
私の切ったその製品が
そばの幅ではなく、うどんか、 きしめんの幅だった事は
食べた人にしか解らないだろうと、この際、あえて追記しておきました。

又、このそば打ちを自分のスキルにしたくなりました。
なかなか楽しい体験が出来て、ちよっと得した気分です。
次回、手打ちそばの画像をご覧に頂く時は、
私もそば打ちに関して、上達しているかもしれませんよ。
さて、何年かかることでしょうか?
その時は試食を兼ねて、皆さんにご馳走したいと思います。
どうぞ長~い目でご期待下さい。

trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。