スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

福井県小浜湾 仏谷の筏

2009/10/05 [Mon]23:10 編集
category: 釣り
筏2
昨日、久しぶりに仏谷の筏に乗りました。
一昨日までの釣果は、あまり好調では無い様子でしたが、
秋の筏はのんびり出来て、釣りが楽しいシーズンです。
午前2時に出発して、5時前に余裕で到着しました。
出船は5時20分ですので、着替えたり
荷物の積み込みなどをしている内に、気持ちも高まって来ました。
今回はK氏との釣行です。


大住の船着場

この船で、双子の筏まで約10分。
昨日は20人ほどを乗せて、一番船が離港しました。
順番にそれぞれの釣り人が、降ろされていきます。
この日は、一番外側から3枚目の筏でした。
そして、今回は黒鯛のダンゴ釣りに始めての挑戦です。
餌も、数種類用意して、望みました。
ですが、その前に大アジを釣っておかないと
淋しい結果になりそうなので、まずはオキアミを使って
フカセ釣りの開始です。
しかし、思っていたより潮の流れが早く
まるで川の上にいるように感じます。
船酔いにはとても弱いので、慌てて酔い止めを飲みました・・・。

今回は、新しく反転カゴを準備しました。
水深が22メートルなので、19メートルの棚まで
カゴを一気に沈め、ウイリーを流します。
多分、コマセはあっという間に流れてしまっているようです。
そこで、新兵器、反転カゴ2号の登場です!
反転カゴにちょっとした工夫をしました。
そのために、オキアミは通常より流失が少なくなり
今回のように早い潮の日には、とても有効な方法です。

アジをゲットしました。 中々よい寸法です。
さすがに秋のアジは、勢いがよく強烈に引きますね!
口切れさせないように、慎重に、一気に巻き上げます。

一段落して、初めてのダンゴ釣りの開始です。
分量の餌を海水で丸め、さなぎをセットして投入ですが、
真下に落ちません・・・。
潮流にあおられて、大きなダンゴは斜めに流されています。
仕方なく、やや大きめの錘を着けてやりますが
正当性に欠けるので、良いのかどうなのか解りません。
結局、ダンゴはこの後の撒き餌になりました。

そして私は、目の前にいるサンバソウをひたすら釣りました。
棚は1メートル。
2BとBのガン玉を段打ちにして、ヘラ浮きを付けて開始です。
コマセワークと餌付けも忙しながら、とてもよく釣れました。
平均サイズは15~17cm、大きいのは22cmです。
この魚を、5mの延べ竿でひたすら釣りました。
ピーク時には、60秒間に3匹は釣れていました。
これには、さすがにK氏もあきれています。
おかげで、スカリは満タンです。

皆さんは餌取りだと言って、敬遠されますが
私は、発想を切り替えて 食材として考えました。
鯛の仲間で美味しいし、身質も綺麗で、加工がしやすい利点があります。
今回は、「刺身、塩焼き、干物、煮付け、天ぷらのネタ」
     「酢の物、手まり寿司、箱寿司、ムニエル」等
沢山の方法で、加工しました。

帰宅して数えたら、何と150匹!さんばそう

黒鯛の顔は見れませんでしたが、サンバソウで溜飲を下げました。
帰路、日向港で15cmのカワハギを15枚ほど上げて納竿にしました。
長い一日でした。

ちなみに、サンバソウは包丁でウロコをさっと取り
出刃で頭を落とし、内蔵を取り出した後、
先の尖った柳刃で三枚に卸します。
その手で腹骨をすいて、上身にし冷蔵庫で保管します。
この魚は、身が柔らかく、骨が固いので
三枚卸が苦手な方でも思っているより、簡単に出来ますよ!


この日の私の筏の釣果、、
         中アジ10匹、中フグ3、チャリ子5匹、ベラ4匹
         中平アジ1匹、サンバソウ150匹、サヨリ5匹
      港・・カワハギ15匹(手のひらよりやや小さめです)


trackback --   Comment (4)

この記事に対するコメント

スゲェー
サンバソウ・・・すごいねぇ
どんな料理にも合うからいいっすね。
送ってぇ~ん

2009/10/06-22:01*URL*ジミー迫田 #HfMzn2gY 編集

久しぶりの筏
今回の狙いは・・・
まずは、定番のアジですね。大アジと同時に餌になる小アジを狙います。

隣では「今日は黒いやつを釣るぞ!」と意気込んでいるようですが・・・
あたかも店を出そうかという位餌を並べています。

朝一で釣れるようならば一日遊べるのですが・・・
ダメですね。反応がありません。

あまりに釣れないので、新しいタックルの紹介をします。
さて、今回新たに登場したのは・・・
竿受けです。・・・また楽して釣ろうという魂胆が見え見えです。
いやいや・・・
それってタックルなの?ってはなしは置いといて・・・
現在愛用の「受け三郎」ですが、これは優れものでおすすめです。
王様印の「受け太郎」兄弟の末っ子に位置する竿受けです。
クーラーボックスの横にステーを取り付け、そこに竿受けが頭に付いたシャフトを差し込んで使うものです。もちろん竿の角度、方向も自由自在、シャフトの高さも調節できます。他の「受け太郎」同様同軸リールも使用できます。また、同時には使用できませんが、地面に突き刺して使う竿立ても使用できるようになっています。これで大事な竿やリールがコンクリートや砂地などで汚れたり、傷付いたり、砂をかんでリールを壊したりすることがなくなります。ただクーラーを置く所があれば、どんな釣りにでも対応できます。っていうか、船釣り以外は使ってますね。竿持ってなくていいし・・・

その船釣りにも王様印の「ラーク16号」を使っていますが、頑丈で重い、小物で使うにはサポートだけでも重いしデカイなぁと思っていた時・・・
いつもの知り合いの船に乗せてもらってるときのことです。
「おいK、これ邪魔やではずしてくれんか」
中古船を購入した時に最初から付いていた竿受けかなんかの土台です。
何かに使えそうなのでもらっときました。
帰って「受け太郎」でも直接つかないかなと試してみたが、ネジの太さが合いません。
手持ちのチヌ釣り用の竿受けも加工までして付けてみましたがしっくりきません。それよりそんな竿受けでは普通の竿では無理があります。
あきらめかけていた時、仕掛けとか買いに入った釣具屋で・・・
見つけました!
同じ土台です。やはり竿受けのコーナーに単品でありました。暇そうな店員をつかまえて
「これは何に使うものですか?」
出された商品が、「受け太郎」と貧弱な「ラーク」とのセットものでした。値段もそこそこするので考えました。
「この受け太郎の単品はありますか」
その名も「受け太郎DX」・・・デラックスですか・・・
「ちょっと調べてみますね」
待ってる間ふと「ラーク」が並んでいる所に目をやるとその端にひっそりと、竿受け部分が同じ「ラーク」で船べりに縦でも横でも取り付けられるものがありました。そして竿の方向も変えれます。なかなか良さげですが・・・
その名も「CHIBIラーク」・・・名前が気に入りません。私が子供のころから「チビ」とからかわれていたためです。しかも「MINI」より小さいのかよ!思いっきりツッコミ入れたくなるネーミング、それに放送自粛用語ですよ、王様印さん!
とただの名前にツッコんでいる間にさっきの店員が来ました。
「すみません。こちらはとりよ・・・」「あのこれの上っ面は同じものですよね。」もうさっきの受け太郎はどうでも良くなっていました。
「はい、同じものです。こちらのもセットになっております」
「CHIBIラーク」だけだと少し高い気はしましたが、「受け太郎DX」もセットならお得です。
さっそく購入して土台と合わせてみました。ばっちりです。
もちろん土台の固定は上部になりますが、問題発生です!
前方につけようとすると、クーラーの取っ手が開きません。しかも竿を付けようとすると蓋に当たって脱着に手間取ります。
仕方がないので後方ギリギリの所でなんとか収まりました。
逆に使い勝手がいいようです。結果オーライですね。
しかし今思うと、たかが土台ひとつでかなりの衝動買いです。
まぁ、どちらにしても、蓋を開ける時は竿をはずさないとダメだし、高さの調整もきかないので、おすすめはできませんね。マイボートに取り付けしてください。

さてそんな話をしている間にもなにも反応がなかったのですが、最初の当たりはグゥン、グングングンいい当たりです。
かなり暴れています。青物?

    続く・・・

2009/10/07-00:19*URL*同行のK #- 編集

その2
さて竿を満月に曲げて上がってきたのは・・・
朝日を浴びて白くキラキラしています。
これは間違いなく・・・かなり大きいアジでした。しかも仕掛けが絡まっています。
潮の流れに負けないように25号の錘を付けてるのに、とても元気です。
しかしここのアジはきれいですね。

絡まった仕掛けを直していると、もう1本の竿にも当たりです。
新しい竿受けの方の竿です。 
他の「受け太郎」と比べると、少しゴツイので竿をはずす時に違和感がありましたが、まったく問題ありません。
取り付け位置もベストポジションだったようです。
そして上がってきたのも先ほどのアジと同サイズです。
例年ならば、こんなアジが釣れたらビックリですが、今シーズンはいくらか釣れますね。

それからは、ポツリポツリの状態で、退屈な釣りです。掛かればサイズが大きいので、楽しめますが・・・
チヌ釣り専門の方達はもっと退屈な上に神経を集中していなくてはならないので、疲れそうです。それでも丸一日やって一枚上がるかどうかです。
ここの仏谷の筏はチヌ釣りのメッカで、全国から釣り人がやって来る所だったのです。気持ち過去形にしてみましたが・・・
最初ここに来た時は、自分達以外はチヌ釣りの人だけでした。
帰りの船で「今日は釣れましたか」なんて声をかけられることもありましたが「今日はアジ釣りで来ました」と答えると、鼻で笑われたものでした。
アジ釣り専門、ましてやファミリーで来るなんてここ最近です。

さてそんな所だからなんですかねぇ、隣ではその真似事をしだしました。まぁそんなんで釣れたら奇跡でしょうが・・・
ケチってダンゴすらつけてませんので・・・
サナギがかじられたようですが・・・まず、ふぐでしょうね。

あまりにボーっとしてる時間が長いので睡魔におそわれ・・・
・・・ Zzz ・・・
あつっ ・・・
あまりの暑さで目が覚めました。夏のような暑さです。
上を脱いで、Tシャツです。隣では・・・
下まで脱いで・・・・・パンツだけです。他人のふりをしましょう。あっ同じ筏なのでできませんでした・・・
来るときは真冬のような格好でしたが・・・

さて餌を入れようか。と・・・グゥン、なかなかのひきです。餌もないのに、いい子です。

隣はサヨリを釣ってます。
「おっ、サヨリまわってきてる?」「うん、それよりサンバソウがいっぱいいるよ」見るとウジャウジャいます。
サヨリのついでにサンバソウを釣り上げてます。いやサンバソウがメインのようです。すでにかなり釣りまくっているようです。スカリの中はサンバソウでイッパイのようです。

こちらのアジは回って来たときは、2本ともかかって忙しいのですが、それ以外はさっぱりです。その間を利用してジグを投げたり、ルアーで探ったりして仕舞いにはサンバソウを釣っている自分がいました。

そんな時、隣の置き竿が掛かりました。チャリコです。
「石鯛の次は真鯛ですか?」
今度はぜひ黒鯛を・・・

小アジが釣れれば泳がせ釣りで何か釣ろうと思っていたのですが・・・釣れるアジはでかいのばかり・・・贅沢ですね
そのための仕掛けも用意していたのですが・・・

あまり釣れないし、迎えの船が回ってくる切りのいい時間になったので、筏を降りることにしました。チヌが釣れないので、グレを釣りたかったようです。
片つけてスカリを揚げると、サンバソウでいっぱいです。
船でも注目の的です。・・・物笑いの・・・
船長も「餌取りを減らしてくれましたね」えらいいわれようです。

さて次のポイントは、三方五湖の先のようです。有料道路を避けて湖周の道をひた走ります。気持ち良さそうに聞こえますが、ハイキングコースのような道です。木の枝をこすりながら走りますので、それなりの車でないと通れない道です。まずありませんが、車とすれ違う時は大変でしょうね。

さて、ポイントに着きましたが、また睡魔に襲われて、少し仮眠をしてからと思いましたが、起きた時は車が動き出す前でした。

帰りもいい道を見つけたと言って山道をひた走ります。普通の道の方がよっぽど早いようですが・・・止まるのがいやなようです。
意味のない裏道であるのは言うまでもありません。

ほんとにおつかれさまでした。

2009/10/08-11:49*URL*同行のK #- 編集


ジミーさん
食べても美味しいサンバソウです。
大きい物は22cmですから、石鯛の顔をしていましたよ。
ちなみに私の街では、活け物は1キロ辺り、3000円の相場です。
野〆めは、あまり出回りません。
あなたのように、プロの音楽家でありながら
包丁を触れる人には、嬉しい雑魚ですね!
一度、あなたの街の素敵な海で一緒に釣りをしたいです。
いつかきっと、訪ねてお邪魔したいです。


> サンバソウ・・・すごいねぇ
> どんな料理にも合うからいいっすね。
> 送ってぇ~ん

2009/10/10-15:28*URL*りょう #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。