スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

小浜湾  仏谷の筏釣り

2009/06/22 [Mon]20:01 編集
category: 釣り
ダツ 6月21日(日) の釣果です。
この日は夜明け頃に、仏谷に到着しました。
すでに一番船は出航していて、港の桟橋は無人でした。
船宿でトイレを済ませ、着替えていたら
お迎えが戻ってきました。

「川端渡船」を利用するのは初めてですが、
船長はとても穏やかな人柄で、安心しました。
今回の釣行は、Yさんと2人です。
Yさんは筏に乗るのが初めてでしたので、
揺れやうねりの少ない児島のポイントに行き、小アジ釣りをしました。

船が5分ほど走り、筏の上で 一応、酔い止めを飲みました。
と言うのは、いつもより筏が小さく、横波でかなり揺れた為です。
Yさんにとって 「筏」 の印象が肝心なので、
無事に快適に釣れる事を、祈りました。

時折小雨がぱらつく中、急いで準備を進めながら、
さあ、いよいよ 今年初の筏釣りに挑戦です!

5時15分にYさんのサビキに、最初のアジがかかりました。
サイズは17センチで、キラキラと光り
幸先の良いスタートとなりました。
こませカゴからこぼれるアミエビが、ほどよく撒き餌となり
それから7時半くらいまで、順調につれました。
その頃から、天気は急速に回復し
雲の切れ間に青空が見え隠れしていました。

周りを見渡すと、他の筏のお客さんもぼちぼちです。
つて言うか、この日の利用客はその他3組だけでしたが・・・。

落ち着いてきたので、ゴカイを取り出し投げ竿も出しました。
係留ロープを避けながらの投げ入れは、とても気を使いますね。
まあ、入れっぱなしのほったらかしですので
運が良ければつれるかな? くらいの仕掛けの投入です。
試しにゆっくりと巻き上げ、寄せてみたら
ヒイラギの3重廉です。
なかなか大きいので、持ち帰り干物にしました。
その後は、何度繰り返してもキスは乗ってきませんでした。

さて、Yさんはと言うと、
朝食も食べずに、熱心にアジを釣っています。
時折混じるコノシロとママカリも、慎重に取り込んでいます。
一応 お茶をコップに入れてYさんに渡し、
僕はこっそり、ビールとタン塩とおにぎりで一息入れました。

8時半位から、潮が止まり 当たりも止まりがちになり
10時に前の筏の2組が納竿して、帰港していきました。
船長が回ってきたので、Yさんも一旦? 宿に戻りました。
この頃は、さらに胴つき仕掛けも放り込んでいて
オキアミを使った、クサフグとの勝負が面白い時でした。

皆さん、クサフグはリリースされていますが、
刺身にしたり、から揚げにしたりすると
とても美味しいですよ・・・!
ただし、内臓と血には注意してくださいね。

このあと11時頃、休憩中のYさんの竿に
80センチのダツが掛かり、慎重に取り込みました!
餌も玉切れとなり、12時の船に乗り、終了しました。

この日の釣果は12時までの釣行で、
平均15cmのアジが約180匹、
フグ、コノシロ、ヒイラギ、キスなどが30匹強でした。

天候に恵まれ、アジもそこそこ釣れて
とても楽しい釣行でした。
帰路、熊谷宿で刺身定食を食べ(予約制)、
藤橋村で温泉に入り、その後 解散となりました。
長い一日に付き合ってくれたYさん、
ありがとうございました。
又、機会があれば 一緒に出かけましょうね!

今度は、渚でのキス釣りがあなたを待っていますよ!





trackback --   Comment (7)

この記事に対するコメント


15cm前後を180匹は爆釣ですね!
小浜方面は行ったことありませんが、ヒイラギがいるということは汽水交じりなのでしょうか。

15cmぐらいだと三枚に卸せば小骨も気にならず食べやすいですね。
私もダツを釣ったことありますが、脂の無いサンマというか、う~ん…という味だった気がします。
美味しい食べ方があったらぜひ教えてください。

2009/06/22-21:34*URL*釣食人 #- 編集

筏釣り
天候と、初めての筏釣りに、心配しながら便乗したYです。
到着1時間前には、雨も強く降り、釣りになるのかと思っていたけど、真夏でしたね、隣りでは、脱いだり、着たり最後は、泳ぐのかという格好になっていましたね。
いつもは海岸だったのが、初めての海の上は、静かで、これまた大物のチャンスもあり?という感じでよかったですよ。
置いてあった竿を引きずられるようにダツ、ゲットです。
いつもより大きいアジが釣れたように思います。楽しかったです、船長もよい方でしたね。予約ありがとう。次回は、「燃えろ、焦げる真夏の投げ釣り」ですね。よろしく

2009/06/22-23:52*URL*ヤモティ #- 編集

 おつかれさま
昼ぐらいに帰ると、体が楽だったのでは・・・
いつもは、夕方近くまでやって、それから急いで琵琶湖の川まで行って小鮎を釣る。というパターンが多かったのですが、そこまではさすがに付き合わせられなかったようですね。

15センチ平均なら結構いいサイズじゃないですか。児島でそのサイズならいい方ですね。双子に行かなくてもいいって感じですね。
投げは僕があげた竿でやりましたか?
児島の海底は砂地と岩場が混在しているので、場所によっては根掛りが多いかもしれません。っていうか普通筏から投げ釣りする人もめずらしいですよ。
僕はまだお目にかかったことのないダツとかいうやつ、サヨリの化け物みたいなのがそれですか?
かなり引いたんじゃないですか?よかったですね。

いつもの渡船がお休みなので混んでいるじゃないかと思ってましたが、お客自体が少なかったのですか?
そんな少ないお客の時なのに・・・出船時間を守らずに行くのはかわいそうです。こういうやつがいるから値上げされるんですよ。


Yさん、80センチのダツ、おみごとでした。
こんど機会がありましたら、またご一緒させてください。

2009/06/23-01:21*URL*同行のK #- 編集

アジ、、、。
釣食人さん、お褒め下さりありがとうございます!
ホント 素直に嬉しいです。
その日、透き通るような長い魚が表層部を回遊していました。
それが「ダツ」でした。
家で三枚に卸したら、あなたの言うとおり
食べられそうな部分が、ほとんどありませんでした。

現場で、船長にダツが釣れたことを自慢げに話した時、
「ああ、ダツね、、フ~ン↓↓」
正直、鼻でかわされたのが記憶に新しいです。
ガクリ、・・・。です。

筏の現場の仏谷の「児島」は、とても静かな内側の海です。
汽水域の様に感じた事は一度も有りませんので
そう言われればという、思いですね。
「双子島」まで出ると、水深も25メートル位になり
外に出た感じがとても強いです。
一昨年は、Kさんとツバスを沢山上げた事も有りました。
何せ、数釣りが楽しめるので、面白いですよ!


Yさん、初めての筏は、とても楽しそうでしたね!
煮付けにしたアジの味は如何でしたか?
ご自分で釣られた魚は、いつもより美味しいのでは?

とろけたマカダミアチョコも、ナカナかでしたね!
渚のキスの予定を立てましょうね。


Kさん
今回は、釣行時間よりも
真夏の様なカンカン照りの暑さにまいりました。
さすがに、帰路の車中で30分位 仮眠しました。

渡船の予約時に、5時に着く事を伝えてあったので
時間がどうのと言うのは、別に良いかと・・・。

頂いた竿は大切に仕舞ってありますよ
踏ん張りが効く、あの浜で、この夏 デビューの予定です。


2009/06/23-20:26*URL*りょう #- 編集

はじめまして
はじめまして^^
180匹って凄いですね!
まさに爆釣w
合計200匹以上とは想像できません><

2009/06/24-12:14*URL*gyonet編集部 #SFo5/nok 編集

gyonet編集部様
はじめまして、
ブログにお立ち寄り下さりありがとうございます。

今年、仏谷でのアジ釣りは期待が持てそうです。
秋まで長いこと釣れるので、
楽しみなエリアの一つです。

本来、紀州釣りで黒鯛を狙うポイントらしいのですが
どちらかと言うと、私は、数を釣りたいほうなので
気の長い釣りは、まだ、未経験です。

追記 
御社への登録を検討しています。
その節は、宜しくお願いします。

2009/06/25-10:53*URL*りょう #- 編集

ダツ
やはり表層を泳いでいる魚でしたか。
サヨリの化け物と表現しましたが、やはり泳ぐ層によって、似通った形になるものですね。

さて、なかなかの釣果ではありますが、強欲釣り人としましては、「さらに倍!」を目指しているのでは?

これからさらに暑くなりますが、去年のことを思うと好釣ですし、楽しい釣りができるシーズンになりそうです。
暑いは釣れんはでは楽しさが半減ですが、今シーズンは良さげな雰囲気がします。


さて、兄貴が昨日半夜釣りに行ってきました。でかいメバルとアジをお土産です。あとで届けますね。

2009/06/25-21:34*URL*同行のK #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。