スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

稚鮎の佃煮

2009/05/19 [Tue]19:17 編集
category: 料理
稚鮎 佃煮
先日の日曜日、冷たい雨の降り続く中、
琵琶湖の北部に子鮎を釣りに出かけました。
昨晩からの降雨の為に、いつもよりかなり増水しています。
そのために、釣れるポイントは少ない・・。
すでに良いポジションは、先客の為に竿を出せません。
それでも何とか、狙いをつけて始めました。
水温はかなり低く、体感気温も16度くらいでしょうか?
まるで、魚が釣れる気配ではありません。

すっかり諦めて、
稚鮎を釣りに日本海まで出かけました。
やはり雨降りの日は、どこも空いています。
ここは、昼頃になると増水し、濁りが強くなりますので、
それまでの2時間が勝負だと、検討をつけて再チャレンジです。

仕掛けを何度も付け替えて、ようやく束釣りが出来ました。
その場で鮎の腹を出し、撤収となりました。
釣果は200ちょっとでした。

帰りにいつもの波止場に立ち寄って様子を見ましたが、
誰一人、竿を出している人は居ません・・・。
まだ午後二時なので、オキアミで探って見ました。
すると、
すぐさま16センチのウミタナゴがヒット!です。
気を良くして、更に続けていると、
今度は、ウグイがかかりました。

この後も、ウグイが連続で当りますが、
道糸0.8号・ハリス0.4号で、しかも今日はタモがありません。
何度もハリスを切られて取り逃がしながらも、
慎重にやり取りをして、何とか6匹上げました。
サイズは最大30センチ弱でした。

すべて持ち帰り、ウグイはムニエルにして頂きました。
バターの風味と焼きトマトの甘みが魚によく合い、
冷えた体に、気持ちよく染み込んで
良い休日になりました。
稚鮎 完成品


trackback --   Comment (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。