スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

回向返照

2015/04/02 [Thu]15:27 編集
category: 自然
      回向

回向返照 えこうへんしょう

自らの光を外へ向けるのではなく、 内なる自分へ向けて、心の中を照らし出し、自分自身を省みること。



解説
この四字熟語は、仏教の臨済録の中の言葉で、人の心は、常に外に向いてしまいますが、
その心を内側に向けるよう勧めた言葉のようです。

光という言葉には、光明という意味があり、人の心の中にある智慧や慈悲と考えると、
「自分の能力につり合う智慧や慈悲の心で、自分自身を省みる」
、という意味があるのではないかと思います。

また、この言葉は、「かいこうへんしょう」とも読み、
太陽が沈む直前に、ほんの少しだけ、空が明るく見えることから、
人が死ぬ直前に、ほんの少しの間だけ、元気が出たりすること、という意味もあるようです。
DVC00048.jpg

君が為に葉々清風を起す
きみがためにようようせいふうをおこす

[出典]虚堂録

虚堂禅師送別の句。
別れを惜しみ門まで見送りに出る。
すると門前の竹の葉がそよそよと風に鳴り、旅立つ君に清涼なる餞別を送っていた

DVC00074.jpg

先日 私の誕生日に、この言葉を頂きました。
常日頃からお世話になっている方で
事あるごとに、気にかけて下さいます。

そして今回は味わい深い、
とても含蓄のある教えに応援されているようです

感謝と精進を掛け合わせ、仕事に励んでいきたいです。



スポンサーサイト
trackback --   Comment (0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。