スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

初夏の炊き合せ

2010/07/16 [Fri]20:23 編集
category: 料理
日本列島に停滞している寒冷前線の為に、各地で被害が出ています。
新聞紙面やテレビのニュースを見ていても、
人ごとではなく、心が痛むおもいです。

天災と言う大きな力には、まるで無力な私達・・・。
忘れた頃にやって来るその時に慌てない為に、
今、何を成すべきか? 
もう一度 自問自答を繰り返してみたいです。
そして、被災者の方々の心労をご推察申し上げます。


炊き合わせ 湯葉あん掛けて
上記の画像は、コースの途中にお出しする煮物です。
夏場は、冷やした器に盛り付けますので
食材が適度に冷えていても、美味しい物を選びます。

「冬瓜、かぼちゃ、里芋、刺身湯葉、赤ピーマン」

ここにタコが加わったら、「芋蛸南京」と呼ばれる
関西の定番の蓋物になりますが、
当店では、三河産の柔らかい蛸を突き出しで出す事も有り
煮物に使うのは、もう少し晩夏の頃になります。

タコをじゃ腹に細かく切り込んで、さっと湯引きをして
寸切りにした半なまの蛸と叩きオクラを合え、
黄味酢と針生姜と土佐酢でご提供します。
これは、「半化生蛸」 (ハンゲショウタコ) と言います。
オクラのつるっとした食感と、タコのコリコリ感が絶妙です。
今どきなら、土佐酢をゼリーで寄せて、
小さなサイコロ状にカットして散らすと、綺麗ですね。


さて話を戻します。
今回の刺身湯葉は、美味しいに加え
風味・口溶け・歯ざわり・コクのバランスがとても良く
皆さんからにも好評を頂いて居ります。
薄味の葛あんを添える事で、
他の煮物との調和が取れました。
     (太白胡麻油を隠し味に使用しました)

食欲の落ちるこの季節、
根菜を食べて元気を出してください。


まだ夏は、始まったばかりですよ!
スポンサーサイト
trackback --   Comment (0)

琵琶湖 子鮎釣り

2010/07/13 [Tue]20:28 編集
category: 釣り
7月11日 (日)

父と知人と私の三人で、琵琶湖方面に子鮎を釣りに出かけました。
ほぼ毎週出かけていて、「よく飽きない事ですね」と
先日、K氏に苦笑されてしまいましたが、
下手の横好きとでも申しましょうか?
目を閉じると、水の流れる音や川面のキラメキ、
草イキレの夏の匂いが思い出されて、
じっとしていられなくなります。
それはまるで、川底の苔を食む小さな鮎に恋をしているみたいです。

今回の3人目の人は、釣りが始めての経験なので
なるべく沢山釣らせてあげる事に、気を使いました。
最初の印象の良し悪しで、彼の今後の、
釣りに対する見方が、あらぬ方向性を持つとも限りません・・・。
行き帰りの車内から、場所選びも含めて 
とりあえず無難に経過しました。
しかし、午前9時 空いている現場は・・・・

雨が、雨が、雨が・・・。

午前中のシトシトと優しく降っている位は、まあ良かった。
午後になって、本格的に降り始めました。
ビーチテーブルにビーチパラソルを広げていたので
滝に打たれる様な悲愴感はありませんが、
膝の悪い父と、初体験の彼はテンションも下がり
パラソルの中で、雨をしのいでいます。

こんな時は、メシにかぎる!!!
早速、弁当を買いに走りました。
少し高めの上等なお弁当と、更にオカズも付け足して
何とか 沈みがちな雰囲気をタベモノで誤魔化しました。
見事、成功です!

この時点で、私は120匹位を上げていたので
2人の面倒を見ながらにしては、まあまあの釣果です。
        (ちなみに2人で80匹位)

とりあえず、雨も軽くなりあと一時間で止める事にしました。
父は釣りを止めて、全ての鮎の腹を出す作業に切り替わりました。

そして、活性が上がり 入れ食いモードになりました。
少し早めの瀬の中に落とし、良い感じで仕掛けが馴染むと
大きなサイズの鮎が、玉浮きを引っ張ります。
瀬から抜き上げる重たい感触が、竿から伝わり、
見る見る内に、バケツは鮎で満たされました。
終わってみると、真剣に釣ったラスト1時間で80位でしたので、
とても 嬉しかったです。
ちなみに彼も40位上げた様でした。

無事に帰宅し、大きな魚は塩焼きにしました。
鮎塩

trackback --   Comment (0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。