スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

回向返照

2015/04/02 [Thu]15:27 編集
category: 自然
      回向

回向返照 えこうへんしょう

自らの光を外へ向けるのではなく、 内なる自分へ向けて、心の中を照らし出し、自分自身を省みること。



解説
この四字熟語は、仏教の臨済録の中の言葉で、人の心は、常に外に向いてしまいますが、
その心を内側に向けるよう勧めた言葉のようです。

光という言葉には、光明という意味があり、人の心の中にある智慧や慈悲と考えると、
「自分の能力につり合う智慧や慈悲の心で、自分自身を省みる」
、という意味があるのではないかと思います。

また、この言葉は、「かいこうへんしょう」とも読み、
太陽が沈む直前に、ほんの少しだけ、空が明るく見えることから、
人が死ぬ直前に、ほんの少しの間だけ、元気が出たりすること、という意味もあるようです。
DVC00048.jpg

君が為に葉々清風を起す
きみがためにようようせいふうをおこす

[出典]虚堂録

虚堂禅師送別の句。
別れを惜しみ門まで見送りに出る。
すると門前の竹の葉がそよそよと風に鳴り、旅立つ君に清涼なる餞別を送っていた

DVC00074.jpg

先日 私の誕生日に、この言葉を頂きました。
常日頃からお世話になっている方で
事あるごとに、気にかけて下さいます。

そして今回は味わい深い、
とても含蓄のある教えに応援されているようです

感謝と精進を掛け合わせ、仕事に励んでいきたいです。



スポンサーサイト
trackback --   Comment (0)

スーパームーン

2014/09/08 [Mon]21:30 編集
category: 自然
今年の夏は天候がとても不安定で、から梅雨に始まり
お盆の豪雨、晩夏の長雨と
誰もが経験した事のない季節感だったと思います

8月20日に広島市で発生 した豪雨による大規模な土砂災害は、
広島市北部の安佐北区や安佐南区を中心 に多くの爪痕を残しました。
長引く復旧活動のニュースを耳にするたび
被災者の方の深い悲しみを覚えずにはいられません
心安らぐ穏やかな日常が一日も早く訪れる事を祈り
ここにいても出来る応援を、ささやかながらした次第です。
どうか負けないで下さい。

今日の中日新聞のコラムに珍しい漢字が乗っていました。
「霪」・・・いんと読むそうです。  訓読みは「ながあめ」
度を越した雨、十日以上も降り続くような雨を指します

日照時間の半減した異常気象の夏でしたが、これは温暖化の影響とも考えられ、
専門家は
「今回のような大雨は近い将来にまた起こる可能性がある」
と警告しています。

そしてコラムでは
「節度を忘れて求めすぎる現代文明のありようかもしれぬ。」と結んでいます。

野菜が値上がりし、海が時化て魚が品薄くなって
ぶつぶつ文句を言っている自分が
恥ずかしく思いました。 
             ( だめよー、だめ、だめ!)

明日は特別な月夜の晩です。
どうかせめて、
綺麗な大きい満月が見たいですね。

       くがい3


久しぶりに絵が仕上がりました。
「 九蓋草 クガイソウ 」  ・・・  別名 虎の尾
花言葉は、達成・誠実・信頼 です



trackback --   Comment (0)

祭のあとの静かな午後に

2014/02/24 [Mon]21:14 編集
category: 自然
2月の身も凍ごえるような強い寒さも、
少しは緩んで来ているように感じられます。

冬の祭典、ソチ五輪が終幕し、いろいろな結果となりました
日本時間との時差のために、寝不足の方々も多かった事でしょうね
筋書きのないドラマでは無いがゆえに、
真剣勝負を目の当たりにして感動を覚えました。

真央 明子

ゆずる



「なぜだろう、自然と涙が頬を伝う・・・」
全てのトップアスリートの全力に、
そこまでの道のりに
尊敬の念と拍手を送りたいです。


黒海の北、ソチから西へ約650Kにあるウクライナ

反政権デモが首都キエフを掌握した事実の裏側では
そのウクライナ代表の女子選手が
スキー競技出場辞退をしました。

yjimageCA94WKOX.jpg



積み重ねた鍛錬の時間や努力を思うと
簡単な決断では、なかった筈だと
某スポーツライターがコメントを残しています。

祭のあとの静けさが、
皆さんに飛び切りの美酒を
届けてくれる事を願っています

cheers!!!

yjimageCAAYNZFQ.jpg


trackback --   Comment (0)

愛宕山 千日参り

2013/08/05 [Mon]13:31 編集
category: 自然
先日、猛暑の中を京都に出かけて参りました。
岐阜も暑いが、都も暑い・・・
 
いたるところに観光客の人の波が続き、
喧騒と雅な彩りが、うまく融合している
そしてわずか1本、道を奥まれば
瓦屋根と京聚楽の静けさに包まれた
21世紀を忘れてしまったような空間が立ち並ぶ街

「神・儒・佛 」
この街では、シノワズリーの範疇を超越した 
日本独自の文化を認め
受け止めずにはいられません

もっと先の世代の人々まで、
歴史を正しく、受け渡したいですね


京都の夏は祇園祭の終わった頃から、一段と暑さを増幅してきます
夏バテや疲れが残り始めるこんな時期に都の人々は、
食生活に於いても、実に工夫を施してあります
こんなところにも古都の歴史が垣間見えるようです


さてこの度の京都訪問は、山登りの為です
「清滝の愛宕神社」に登って、お参りをしてきました

愛宕参り 入口


ここは、「お台所の神様」で有名な場所で、
7月31日から8月1日にかけてお参りをすると
千日のご利益を頂けるとされています。
途中に小さな案内板があり、山頂まで40丁に仕切ってあります

愛宕参り 山道 愛宕参り あのぼりやす



今回わたしは、別の願掛けを持って
25年ぶりに挑戦してみました。

おおぜいの参拝客が訪れるこの日は、
途中でトラブルが起きても自己責任でしかありません
思わぬけがや肉離れなどに留意しました

もちろん、携帯電話はまったく通じません
完全に自分の気力と体力が全てです

登り始めから、急な岩場が長く続きます
まだ始めてから10分なのに、とても苦しい・・・
この山は標高1000mあります。
とりあえず、10丁まではガンバロウかなと・・・

午後7時、 うっすらと陽が落ち始めました
麓の暑さはまるで無く、
時折 吹き渡る涼風が
汗ばんだシャツの背中を押してくれているようです

ようやく20丁を通過し、お茶を飲んでいたら
「ここから少しはゆるやかですよ」と
美人、山ガールの立ち話が聞こえてきました。

煩悩の塊りは、今、これほど苦しくても逃れられませんね
そしてとても空腹な自分に気が付きました
邪念を残して、再度、ひたすら進みます。

登り始めてかれこれ1時間50分、
ようやく山頂の愛宕神社の気配を感じます

愛宕山 提灯

もう一息で到着です。

愛宕山 提灯ならべて

愛宕山 提灯吉兆 愛宕山 提灯 本殿前

ついに登頂に至りました。
およそ2時間の苦行?を終え、
周りの人々も、ホッとしている様子です
皆、達成感の中で、微笑んでいます

6月の初旬から計画していた、今回のお参りを成し遂げ
愛宕神社のご本殿に、今日の無事と感謝をお伝え申し上げ
護符を買い受ける事が相成りました。
ホントにガンバッタなーと、一人で嬉しく感じました

あとは、最後の締めくくり。
「無事に下山する」
当たり前なんですが、疲れた足元は下りこそ危うい。
油断大敵なんです!

この次はもう無いなーと思っていましたが
「願掛け」が成就したら
お礼参りに行かなければなりません・・・
「しまったー」

その時はその時、又、登ろうと思っています
機会がございましたら、是非ご一緒に如何ですか?











trackback --   Comment (0)

プチ登山

2013/07/04 [Thu]19:27 編集
category: 自然
南からの梅雨前線が九州方面から、広い範囲で停滞しています
ここ最近のテレビの映像は、
九州方面や和歌山方面などに
1時間に35ミリ~50ミリを記録したニュースを流しています。
大きな災害はまだ無いようですから、
いささか安堵しても良いようです。

私の暮らす岐阜市でも、まるまる2日間の降雨でした
雨量は記録程でも無いですが
各方面に少しは支障があった話題を聞きました

雨を待ち望む人びとには、恵みの雨となり
望まない人には、嘆きをもたらす

1.png


それでも
日本の四季は、この梅雨さえも 美しい景色を作り出しますね
ちなみに、「 墜栗花 」こんな漢字を初めて知りました

さてこの頃
訳あって、休憩時間にぷち山登りをしております。
近所の手ごろな「 水道山 」と言う所です
山頂の展望台まで、徒歩で約17分程でたどり着けます4.png


中高年のからだには、かなりハードですが
段々と慣れてきて、15分で登れるようになりました
緩やかな坂道が続くこの遊歩道は、
沢山の方に親しまれ、とても美しいコースです。
 が出てくる事もなく、
安心・安全な道のりは沢山の方々に愛されています。

そして、この入門編の次にチャレンジしているのが
338メートル「 金華山 」です。
山頂にはあの「 岐阜城 」があります。3.png


遠い記憶をたどり寄せたら、
ボーイスカウトだった15歳の少年の時以来です

登るコースは色々ありますが、他人に迷惑を掛けないためにも
一番緩やかな「 瞑想の小道 」を選んでいます。
それでも、その山道は思いのほか険しく
何度も苦しい勾配に当たります。

どこが「 小道 ?」かよ!!! って言いたくなりそうです。
我慢、我慢 ですよね

やはり 戦国時代の武将達
文句、ブーブー言ってたに違いない。 

天守閣  天守閣2

  

って自分を励まして、山頂を目指しています。

このぷち登山は私にとって、トレーニングのつもりで始めました
日頃、忙しくしてはいるものの
足腰の衰えははっきりと現れています。

運動不足の解消にはならないと思いますが
始めてみると、
何だか健康になっているみたいな気がしています

この調子で、目標の7月31日を迎えたいと思っています

「 目標 ??? 」
それは次回のお楽しみ!!!





trackback --   Comment (0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。