スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

桜花爛漫の琵琶湖にて

2016/04/04 [Mon]12:57 編集
category: 釣り
4月3日(日) 岐阜祭りのお弁当を素早く完成、納品した後、
今年はじめての小鮎釣りに出かけました。

曇った4月の空は、今にも冷たい雨を落としてきそうです
逸る気持ちを押さえ、西に向かいました。

琵琶湖の桜は、比叡山おろしの風の影響を受けるので
岐阜市内よりやや遅く開花するのですが

今年は満開の桜並木が出迎えてくれました。
その木々の下に佇んでいたなら
ピンク色に染められてしまいそうです

今回は開始も遅く、はじめての琵琶湖なので
大体の様子を掴む事を主としました。

さて
現場には大勢の釣り人がいます。
皆さん このシーズンを楽しみにされていたと思います。

小鮎3  小鮎1

広い琵琶湖ですが
時節によって釣れる場所が変化しますので
ピンポイントで攻略したいと考えました

小鮎6

竿を出して、およそ2時間ですが
良く釣れた方だと思います。
さて、次のポイントに移動します。

小鮎5

あとの写真はこの魚の絵だけですが
手前の木箱が2番目の釣果で、96尾でした。
ちなみに最初の釣果は120尾です。 (笑)

流水で丁寧に洗い、内臓を1尾ずつ取り出します。
この作業をしないと、お腹の砂やワタが
口の中で違和感となり、美味しくありません。
根気と手間がかかりますが、
魚を得た以上は、最後まで取り組んでこその釣り料理人ですよね

小鮎4

早速、実山椒を加えて甘露煮にしました
魚の個体が小さいので、いつもより煮込みの時間を短縮して
あっさりと仕上げました。
柔らかな食感はまさに琵琶湖の春の風物詩そのものです。




スポンサーサイト
trackback --   Comment (1)

開花宣言 とは言うものの

2011/03/28 [Mon]19:28 編集
category: 釣り
この度の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げるとともに、被災された方々そしてそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

何も出来ない自分でも、何かひとつくらいはと考え
小額なりとも募金をしてみたり、
不要な電力の使用を止めたり、
自動車移動から自転車利用にしてみました。

テレビのCFではありませんが、
困っている誰かに、知らない誰かの善意が温かい。
そして、思いやりの気持ちは伝わる事を、
自分なりに受け止め、理解しています。

残された傷は、あまりに深くとても大きい・・・。
再興には沢山の時間とエネルギーと費用がかかります。
乗り越える道は、遥か遠いその先にも 見えないかも知れません。

ありきたりの言葉ですが
負けないで下さい  
と、お伝え申し上げます。
trackback --   Comment (4)

常神半島 

2010/11/29 [Mon]20:20 編集
category: 釣り
杓子峠
冬型の気圧配置の典型的な11月の中ごろ
久しぶりに日本海に出かけました。

このところのお気に入りは、何といっても常神半島です。
ここは定置網漁の漁船が、たった今 海からすく上げた魚を
帰港したと同時に、その場で販売してくれます。
まさに、水揚げと選別と出荷と販売が入り乱れた空間です。

海の男が売りさばく訳ですから、
せこい事は通じません。
1箱ナンボ! の世界です。
大漁の時は、
「持ってけドロボー!」 みたくの叩き売り。
「魚、この半分にならんか?」
「そんな半端なこと出来るか!ごちゃごちゃ言わんと、はよ 買うてくれ!」
見ているだけで楽しくなり、休みの日に釣りに来たのも忘れて
素の商売人に戻ってしまいます。

おやおやこの話は、すでにご存知の方もいらっしゃいましたね
かぶってしまってスミマセン、冒頭に回帰しましょう。

今回は大しけに小雨が混じり、風速は5メートルです。
背面の高い10mの堤防から、時折 しぶきが落ちてきます。
目前の足元は、高波のあおりを受けて
海水が波止場を越えるような状態での釣りです。
そのせいか、釣り場はとても空いています。
駐車場もガラガラで、午前7時の時点で2組の先客だけです。
寒さも冷たさも、本格的な日本海は
釣り人の都合など、お構いなし。
実際、先客の2組もすでに足元は凍えて 
今にも帰り支度をせんが様子です。

さて私は、最近自分の中でスキルアップを図りたい事もあり
今回も団子のエサを用いての釣法です。
image.jpg 参考画像使用

さすがに今日は、小魚のやっかいなエサ取りも少なく、
撒き餌に反応がありません。

って言うか、撒き餌を撒いてもすぐに無くなり
泡のごとくに散らばってしまいます。
しかも魚の姿は、皆無です。
団子を落としても、狂ったようなうねりに揺られ
当たりなのか何だか判りません・・・。

これではまったく釣りに成りません・・。
そこで団子釣りはあきらめて、胴付き仕掛けに変更しました。
いつもは3号~5号のナス型オモリを使用しますが、
このうねりに負けないように、7号を装着です。

小さな当たりはクサフグでしたが、
がっんとした食い込みは写真のチャリコでした。
7センチから10センチ位の大きさが揃い、
とりあえずエアーのバケツにキープです。
胴付きの3本針が、フグの前歯に噛み切られるのと
水中に漂う海藻に絡まるのとで、
仕掛けもすぐに、おジャンです・・・。

そして4時間、ずぶぬれになりながら納竿となりました。
自分の中では、まだまだ釣り足りないのですが
寒さに震える指先も不自由になり、
ようやく諦めがついた次第です。

釣り上げた魚の小さいのは、その場で海に返しました。
こうして見ると、アジやベラやコッパグレやアイゴはいません。
仮にもエビで鯛を釣ったので、持ち帰りました。
そして、いわゆる「小鯛の笹漬け」になりました。

前回、前々回とグレが好調だったことを思うと、
今回はとても貧果なんですが、
事故などもなく、無事に帰って来れた事に感謝し
振り返っています。
最後になりましたが、
悪天候の時には早めに切り上げるのも、
家族へのお土産かも知れませんね。

1、神子団子グレ2、団子グレ

1、前回のグレ
2、前々回のグレ
 
trackback --   Comment (2)

仏谷の筏釣り

2010/11/05 [Fri]20:10 編集
category: 釣り
いかだ
10月下旬の休日に、仏谷の筏に乗りました。
前日までの台風の残波とうねりの為に
「双子島」に渡るのは少々危険度が高く、
安全な「児島」での釣行です。

夜明け頃に現場に入り、2番船での出発となりました。
ここは水深がとても浅く、計測したところ約5.7メートルでした。

いつもながら、竿は2本取り出して実釣開始です。

潮が早く、濁りが入っているので
黒は難しいと判断し
アジ狙いと成りました。

今回は針のアピール度が高い、
チモトが蛍光グリーンで
針先3ミリに、小さな三角のプラスチックの板が付いた
スグレモノの仕掛けを使用しました。

もう1本は、一般的なピンクスキンです。

こませが効き始め、18cm前後で上がってきます。
群れが小さいのでしょうか?
バタバタっとしては、落ち着き、又バタバタの繰り返しです。
そして、やはり今日はピンクより蛍光の方が良かった。

2時間ほどしたら、フグが混じりだし
ハリスが徐々に切られ始めました。

それでも折角つれた、天然のトラフグなので
スカリで生かして持ち帰り、食べることにしました。
 ↑(魚を生かしておく網のこと)
その後サバフグも混じりだしました。

サヨリ
サヨリが目の前を回遊してきたので、
延べ竿の持ち替えて、サヨリを釣ることにしました。
この魚は、エサさえキチンと針に刺さっていれば
短時間で沢山釣ることが出来ます。
実際、この日もあっという間に50を超えました。

ただ魚が痛みやすいので、すぐにクーラーに移さないと
帰宅後のお刺身には、調理しにくいので特に気を使います。
もちろん、どんな魚も同じなんですけどね・・。

さて、そろそろ体力的にも疲れが出てきたので
2時の迎えの船に間に合うように片付けです。
道具を仕舞い、足元の汚れをバケツで流し
最後にスカリの魚を取り込みます。

でも何だか、魚が少ない様な気がします。
沢山釣ったはずのトラフグも減っています。
サバフグなんぞは、ゼロです???

「やられたー!!!」

スカリに穴が開いています。

下船後、船長いわく
「サバフグは歯が鋭く、スカリを破って逃げるよ!」
との言葉です。

逃がした獲物はとても数多くて、涙混じりの釣行でした。
筏師   筏師2
迎えの船を待つ間に、景色を撮ってみました。
ここは「筏の銀座」と呼ばれる位、沢山の設備があります。
そしてここは、黒鯛のメッカでもあるので
私のようにアジやフグを釣って喜んでいると
素人丸出しですね。

でもさすがに、20cmサイズのトラフグは、美味でした。
trackback --   Comment (0)

常神半島  その2

2010/10/07 [Thu]17:52 編集
category: 釣り
この日は大敷き網漁船が、網を引き上げに沖に出ていた。
何でも4日の間
海が荒れていて、水揚げできなかったらしく
帰船を待つ港では、無線連絡の「大漁!」との知らせに
皆が期待に胸を膨らませて、わくわくしていた。

午前9時前、防波堤の前を漁船が通過し
その船の男たちの充実した表情から
沢山の魚を得ることが出来た満足感をうかがい知ることが出来た。

この港では日曜日に限り、観光客や釣り人にも小売してくれる。
そこで私は、一旦竿を置き
宇治市のNさんと一緒に、船着場まで魚を見に行くことにした。
その漁船の、おそらくは大量の魚に興味が沸き
二人とも少しばかり興奮していた。

サゴシ 雄雄しき網

船底のタンクからクレーンの大きな網ですくわれて、
選別の台に広げられ、より分けられる光景を初めて近くで見た!

サゴシ 選別中 サゴシ 港待ち

日焼けした男たちの手元はとてもすばやく
ほとんど誰も口を開かない。
ただ黙々と魚を選別している。

この日は「サゴシ」の群れが入ったらしく
その割合は80パーセンと、私は想像した。これ以外には

「アオリイカ」 「カマス」 「真アジ」 「ヤリイカ」 
「カワハギ」  「バショウカジキ」   「大きなシイラ」などもあった。

サゴシ  トロ箱  サゴシ トロ箱2段

こんな大きなコンテナが15個以上も積み上げられ
それを冷やす大量の氷の山の冷気が、涼しさを漂わせていた。

そして私たち3人は、相談の結果「サゴシ」を購入した。
1箱に15本入って、ナント1000円だったので、
安くてびっくりしたが、
あの沢山の魚を見ていたので内心複雑な心境だった。

宇治市のNさんは、お手ごろなアオリイカを4杯購入していた。
こちらも1000円との事だった。

帰宅後、いつものように三枚に卸し、塩で閉めて
翌日に二度、酢に付け替える作業を繰り返し、
夕方、「サゴシの生寿し」が完成しました。
甘酢の中に、刻みゆずを混ぜ込んだので、香りの良い味に成りました。

岐阜の板前さんは、
「サゴシの酢の物」 をあまり作られません。
その影響もあってなのかは不明ですが、
岐阜のお客様も、
「サゴシの酢の物」 を知らない方が多いです。

この料理は、魚の鮮度がすべてですから
新鮮な食材そのものが、なじみが薄いのかも知れません。

(でも、バローなんかに安く見かけることもあります・・・)


さごし 5本  サゴシ とんぷり
次回は、イカを捌いてみたいと思います。
釣れるかな?
   





trackback --   Comment (0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。