スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

夏越しの払い

2014/06/30 [Mon]19:34 編集
category: 未分類

夏越の大祓(なごしのおおはらい)

 神社では6月末と12月末に、半年の間に 知らず知らずに犯した罪や、
心身の穢れを祓い清めて正常な姿に戻るための「大祓」が行われます。
これを6月は夏越しの祓、12月を年越しの祓と呼びます。

平安時代に制定された法律書には、この大祓の祝詞が載せられており、
古くから行われていたことがわかります。
人形(ひとがた)に自らの罪穢れをうつし、
神社で神事のあと川や海にそれらを 流し 罪穢れを祓います。
また穢れを祓う茅を輪にしてくぐったり、身につけたりもします。

茅輪(ちのわ)

大きな茅輪を くぐり越えて、罪穢れを除く 「輪越(わごし)祭」「茅輪くぐり」と言われています。
茅とは、ち、かや、ちがや、 で、菅(すが)、薄(すすき)などの多年生草木のことです。


ooharae01.jpg    ooharae02.jpg

ー茅輪の由来ー

むかし、ある村に蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟が住んでいました。
ある日、武塔天神(ぶとうてんじん)という神さまが旅の途中、村に立ち寄り、
裕福な弟の巨旦将来に一夜の宿を求めましたが断られてしまいました。
次に兄の蘇民将来に一夜の宿を求めたところ、
貧しいにも関わらずできる限りのもてなしをしました。

翌朝、宿をかりた武塔天神は、「われはスサノオの神なり」と名乗り、
「もし疫病が流行した時には、蘇民将来とその子孫は茅を以って輪を作り腰に付けておれば免れるであろう」と言い残し去っていきました。

そして疫病が流行したときに巨旦将来の家族は病に倒れましたが、
蘇民将来とその家族は茅の輪のおかげで助かったそうです。

この言い伝えから流行病や食中毒が多くなり、体調をくずしやすい夏に、
茅の輪をくぐって無病息災をいのる行事が古くから行われるようになりました。


当店ではこのセレモニーを真似て
水無月の最終の7日間だけ、茅の輪の突き出しをお出ししております
料理ですので、「茅や萱や薄」は止めて、染めた紙が使用して有ります

水無月

切子には
「ジュンサイの酢の物」、「雲丹のゼリー」、「鴨ロース煮」等です。
今回はクリスタルの綺麗な色をお見せしたかったので
器の中は空です!! (笑)

「水無月の夏越の祓する人は千歳の命 延といふなり」
どうぞ、健康にご留意くださいませ。
夏はまだ、これから始まるところですよ!!
スポンサーサイト
trackback --   Comment (0)

お知らせ

2013/08/21 [Wed]21:13 編集
category: 未分類
花火に関する事故が相次ぎ、関係者の皆さんは心を痛めている事と存じます
天災や人災を含め、
誰がが傷つく事は、考えるには到底及ばず
成功して当たり前の日常には
犠牲や、突発的なトラブルに
深い悲しみと戸惑いを覚えてやみません
どうか、人々の心に安らぎと幸福をもたらす世界が
開ければ良いと、願っています。

さて、当店の営業に関しまして
多方面からお問い合わせを頂き、厚く御礼申し上げます

この度、当店の主人が、予てからの持病の外科的な手術をいたしました
春先からプランを立て、今回の入院施術に至りました

その間、特に8月ですが
完全予約制の営業形式を行っております。

電話が不通だったり、玄関を閉めて音信不通だったりと 
ご不便、ご迷惑をお掛けいたしましたこと、誠に申し訳なく
ここに、改めて陳謝いたします。

尚、前日までにご連絡を頂戴いたしますれば
かならず、ご用意を整えて居ります

ランチ、ご夕食にかかわらず、承ります
どうぞ、ご賢察下さいますよう
心より、お願い申しあげます。
冬瓜
trackback --   Comment (0)

わかさぎ釣り  余呉湖

2011/03/08 [Tue]20:30 編集
category: 未分類
前略 久しい御無音、かたじけなく存じます。
   このブログへ原稿を落とす作業に、行き詰まりを感じ
   どうしてもキーボードを叩くことが出来ませんでした。
   年末の多忙を引きづりながら、
   不慣れな確定申告がようやく片付いた昨今です。

   そして気付いてみると、野山では、梅の花が馥郁と香っていました。
   啓蟄も過ぎ、まるで冬眠から目覚めた感じでございます。

   先日、余呉湖に出かけました。
   竿を持つのも久しぶりのことでした。

   運良く、爆釣できましたので
   おそるおそる画像を添付いたします。
   ちなみに今年は固体がとても小さく
   1.5号の針が良いと思いました。

   またこの日は、飛騨地方で頻繁に地震があり
   その影響の為に、津波が幾度となく発生していました!!!
   鏡の様な湖に寄せる波のうねりは、違和感十分でした。  

   これからは以前のように、頻繁に寄稿できるように
   がんばりますので、皆様 よろしくお願いします。      早々


   無題わかさぎ


   
trackback --   Comment (0)

日曜参禅会

2010/04/21 [Wed]20:47 編集
category: 未分類
四月十八日(日)
この日はam10時から仕事でしたので、
早朝の自由な時間を利用して、座禅会に出かけました。
場所は岐阜市の繁華街の側に鎮座する、瑞龍寺の専門道場です。
ここでは毎月、第1・第3 日曜日の朝5時50分から
自由参加で座禅会が行われています。
100418_081417本堂

私がこの座禅会に時どき通わして頂く様になって、約三年位経ちます。
近頃は釣りばかりに行って、足が遠のいていましたが
いざ「座る」となると、前夜より緊張をしていました。

一概に「座禅」と言っても、色々な形があります。
この道場では、まず30分位?座ります。一切無言を貫きます。
続いてそのまま、あと25分位?座ります。

直日(じきじつ)が柝二声(たくにせい)を打って、合図があり
一度脚をほどき、座を立ちます。
そして、胸の前で手を組んで一列となして
お堂の周りをグルグル回る「経行・きんひん」となります。
この運動で脚の苦痛はやわらぎ、睡魔は逃げ、
生気を蘇えらす事となります。
そしてもう一度、最後に25分位座ります。
選仏堂
座禅が終わると、足を正座に座りなおし読経をします。
その後、「粥座・しゅくざ」・・朝食を頂きます。
この日は、竹の子の煮付けが添えられていました。(とても珍しいです。)
セレモニーとしての食事作法もとても厳粛です。
最初の頃は、まったく判ってなくておどおどしていました。
つつましい粗食でありながら、最高の感謝を思います。
「日ごろ頂いている米粒は、こんな香りがするんだな・・」
「梅干のタネにも、おいしく深い味わいがある・・・」
不自由なく、当たり前に口にする食料の大切さを、
この食事で感じました。

この後は、あと片付けとお掃除です。
皆さん、ご家庭ではなさらない? でしょうが
これも「動」の修行の、作務とされています。
禅堂前門を出て行くまでは、気が抜けません。

この日、お寺が「接心・せっしん」の最中でしたので、
ご老師の法話は無く、8時10分に解散となりました。

臨済宗で修行をしている雲水の方々は、
毎日 これ以上に厳格な時間を過ごしています。
もし私が仏門の徒であったとしたなら、
この厳しさに耐え切れず、挫折しているだろうと、
山門を後にしながら、しみじみと思いました。
そしてわが身の甘さを恥じた次第です。

非常に意味のある、日曜日の朝になりました。



trackback --   Comment (0)

浜名湖 大撃沈↓ 

2010/03/27 [Sat]20:05 編集
category: 未分類
3月21日の夜、岐阜を出発して、豊橋に向いました。
今回は春を先取りする為の、「何か釣りたいぞ!」ツアーです。
例年の釣果によりますと、キビナゴが伊良湖方面で上がるそうですが
今年は水温が上がらず、接岸していないとの話でした。
そこで、攻める場所を決めかねての 【豊橋】です。

西に伊良湖、東に浜名湖。
「魚はどっち?」
さんざん迷って、浜名湖 新井海釣り公園に決めました。
こちら方面は始めての釣行ですので、
あらかじめ現場近くの釣具店で情報を集めましたが、
どこのお店も何となく冷たい応対でした。

「丘っぱりの釣果は、集まりませんから お答えできません・・」とか
「まだ寒いので、釣り人も少ないですよ・・」         とか
「こちらにお寄りになられたら、ご説明できますよ・・・」   とか
「そっちの釣りは、コッチでは合わないから、ちょっと・・」  でした。

電話を握りしめる右手に少し力が入って、
受話器を戻す勢いが、強かったのは 言うまでもありません。

それでも、折角の浜名湖ですので
期待に胸を膨らませて、夜の国道をひたすら東に進みました。



てい字堤

現場には思ったほどの人影は無く、どこか閑散としています。
綺麗な駐車場もガラガラでした。
数人の人々に挨拶をしながら、様子を見ましたが
まるで釣れていません・・・。
色んなタイプの釣り師が居て、様々なスタイルです。
広く安全な突堤に、ため息ばかりが響いていました。

早速、私も竿を出しましたが、ダメです。
まったく気配もありません・・・。
冷たいすきま風が吹きまくっています・・・・。
早々に諦めました。 
提示2
場所を移動したら、子鮎を釣っている2人組を見つけました!
この際、連れれば なんでも魚には違いないので
隣で子鮎釣りを始めました。
しかし、ちょうど潮が悪くなり始めたらしく 2人組も休憩する所でした。
私は2時間ぐらい竿を出しましたが、5匹釣れただけで、自爆です・・・。

そして又、移動です。更に東に向いました。
いたるところに釣り人が居ますが、どなたもバケツは空っぽでした。
私は竿を出したり仕舞ったりの方が、忙しかったです・・・。


国道1号線の側道を走っていたら、素敵な渚に到着しました。
100322_110836海

とても美しい海岸線が続いています。
遠州灘の春の海に浮かぶ沢山のサーファーが
波の谷間の花びらのように、揺れていました。

昔、遠い昔、 愛知大学の親友に連れられて
出かけた東赤沢や伊古部や寺沢の浜を思い出しました。
海2
何かに夢中で打ち込めたあの頃は、今では 懐かしい出来事ですね。
ユーミンの「サーフ&スノウ」や
佐野元春の「サムディ」を聴いていた様な記憶です。
親友の彼も、今では固い仕事を頑張っています・・・。

何も釣れずに、手ぶらで遠州灘を後にしながら
ひっそりと帰路に着きました・・・。  (そう言えば、稚鮎5匹でした・・・↓)
ものすごく悔しくて、残念でしたが、凹んでいられませんよね!!!
自戒を込めて、次回にご期待下さい。
trackback --   Comment (2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。