スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

桜花爛漫の琵琶湖にて

2016/04/04 [Mon]12:57 編集
category: 釣り
4月3日(日) 岐阜祭りのお弁当を素早く完成、納品した後、
今年はじめての小鮎釣りに出かけました。

曇った4月の空は、今にも冷たい雨を落としてきそうです
逸る気持ちを押さえ、西に向かいました。

琵琶湖の桜は、比叡山おろしの風の影響を受けるので
岐阜市内よりやや遅く開花するのですが

今年は満開の桜並木が出迎えてくれました。
その木々の下に佇んでいたなら
ピンク色に染められてしまいそうです

今回は開始も遅く、はじめての琵琶湖なので
大体の様子を掴む事を主としました。

さて
現場には大勢の釣り人がいます。
皆さん このシーズンを楽しみにされていたと思います。

小鮎3  小鮎1

広い琵琶湖ですが
時節によって釣れる場所が変化しますので
ピンポイントで攻略したいと考えました

小鮎6

竿を出して、およそ2時間ですが
良く釣れた方だと思います。
さて、次のポイントに移動します。

小鮎5

あとの写真はこの魚の絵だけですが
手前の木箱が2番目の釣果で、96尾でした。
ちなみに最初の釣果は120尾です。 (笑)

流水で丁寧に洗い、内臓を1尾ずつ取り出します。
この作業をしないと、お腹の砂やワタが
口の中で違和感となり、美味しくありません。
根気と手間がかかりますが、
魚を得た以上は、最後まで取り組んでこその釣り料理人ですよね

小鮎4

早速、実山椒を加えて甘露煮にしました
魚の個体が小さいので、いつもより煮込みの時間を短縮して
あっさりと仕上げました。
柔らかな食感はまさに琵琶湖の春の風物詩そのものです。




trackback --   Comment (1)

この記事に対するコメント

小鮎釣り
初めてお邪魔します。当方は岐阜の多治見から小鮎釣りに滋賀県まで遠征しています。小鮎釣りは今年から初めての釣りです。

最初は彦根の芹川でデビュー。その後彦根港と転戦して、先日(4/29~30)は再び芹川へ。

先日の小鮎は追星も出ていて12センチクラスが2束超えました。

「腹だし」については彦根港内jは遡上していないので必要ないと思い、そのまま調理しました。

そして先日の芹川の「追星小鮎」も腹だしせずに甘露煮にしましたが、砂を噛んでいるのは全くいませんでした。

ただ、東濃から滋賀へは遠いのでいつも泊りで行くのがネックです。...ちなみに、長良川支流系でも小鮎が釣れるとのことですが、長良なら日帰りでも行けるので釣行したいのですが、どこの川でしょうか?また遊漁金とかは必要でしょうか?

質問ばかりで恐縮ですが、甘露煮もいつも煮崩れしてしまいます。
この様なきれいな甘露煮を作る秘訣とかあればご教授くださると幸いです。

2016/05/02-20:56*URL*maru #- 編集


この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。